需給が均衡している中での新規参入ってヤバくないですか?

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050






私は、弱った副腎を刺激するために

医師から、早朝ウォーキングを勧めされているので

今朝も近所をブラブラして来ました。



今日、歩いたコースは

自宅から

野球で有名なO阪T蔭高校・中学と

同じ学校法人が運営するO阪S業大学への道の

国道の信号の手前までを往復です。



ここは車ではしょっちゅう通るのですが

脇見運転は危ないため

あまり周囲の変化を把握していませんでした。



しかし

今日は徒歩なので、じっくり見てみました。

(それだけを見るとまるで不審者ですw)



その結果発見したのは

有名ハウスメーカーが建てた

新築1棟物件が3棟くらい出来ているということです。



この辺りは地主が多いエリアですし

見た感じも遊休地に物件を建てたことが

容易に分かります。



この辺りは

O阪S業大学が目と鼻の先にある立地になるので

需要は、それなりにあると思われます。



そこをセールスされて

土地活用で相続税の減額を図ったことはみえみえです。



よくある

相続税を減らすための

「土地活用、一括借り上げ」というヤツです。



この大学は

桂文珍が卒業したほど昔からある大学です。



なので

そういう物件が建築される前の何十年もの間

学生の需要と学生向けの供給が

均衡していたと思われます。



家が遠くて親元から通えない生徒は

「物件がないから家から通う」

とは、なりません。

必ず、どこかの物件を借りて生活してきたと思われます。



つまり

需給がバランスが取れた状態から

需要の増がない中で

新築物件をボコボコと建て

供給だけ増やすのって

賃貸経営の上では如何でしょうか?



需給がバランスが取れた状態から

需要の増がない中で供給だけ増えるので

既存の供給先を打ち負かさないと入居者を獲得できません。



大家さんは、そこを意識しているでしょうか?

多分

「学生需要がある」ことだけに注目しての

新規参入だと思われますので

将来は厳しいかも知れません。



さらに言えば

地主さんは賃貸業という意識が希薄です。



余計に危ないですね。



◆編集後記◆



鹿児島県奄美市の奄美病院が

精神疾患の薬約7万3600錠が所在不明になったと発表したようです。

5年前から職員が持ち出しを続けていた可能性が高いのだそうです。



その薬剤名は、デパスとエチカームという抗不安薬です。

私はエチカームは長く飲んでいたことがあります。

ちなみにデパスとエチカームは有効成分は同じですので

製薬会社の違いだけです。



実は、この薬、心の不調を訴え受診した際に

うつ病などと、ちゃんと診断がつける前に

「これで暫く様子を見てください」

と、いう使われ方をすることが多いです。



問題は、これらはベンゾジアゼピン系の薬で

断薬時に、離脱症状が現れることがあります。

また大量投与で突然死のリスクがあります。

あのマイケル・ジャクソンも、その系統の薬を飲んでいたと聞きます。



なので

約7万3600錠が所在不明というのは怖いですね。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント