鉄骨造築7年で10%超え、「いいかも?」と思ったのですが

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050





健美家から新規掲載のメールが届くのですが

その中に

利回り :10.14%

築年月 :2009年7月

構造  :鉄骨造


と、いうのがありました。



「これってよいかも知れない。」と思い

その掲載ページを見ると

鉄骨は鉄骨でも「軽量鉄骨」でした。



重量鉄骨の法定耐用年数は33年ですが

軽量鉄骨の法定耐用年数は19年です。



なので

融資を引ける期間が

重量鉄鋼にくらべ短くなり

これはキャッシュフローが出ない

また、かなりの田舎ということもあり

見送りました。



ここで言う

重量鉄骨と軽量鉄骨の違いって

一体なんでしょうか?



それは

骨格材の肉薄鉄骨で厚みが3ミリメートル以下を軽量鉄骨といいます。



しかし

法定耐用年数が、33年と19年というように

かなり違うのに

サイトに掲載されると「鉄骨」としか記載されていない物件が稀にあります。



その時、私が判別する基準が

2階建てまでなら軽量鉄骨

3階建て以上なら重量鉄骨

と、判断しています。



木造の3階建て

通称「モクサン」って構造上

非常に怖いです。

私なら住みたくないですし

大家として貸す場合でも

安全性の責任は取れません。



軽量鉄骨が

木造より法定耐用年数が短いのであれば

「2階建てでギリギリと考えるべき」

と、いうのが私の考え方です。



あなたの参考になれば嬉しいです。



◆編集後記◆




昨日の夜の10時くらいに

スマホがピコンと鳴り見ると

「浅田真央選手引退」



やっぱりな

最近、ジャンプが精彩を欠き

そろそろ止め時かなと思っていたので

驚きはしませんでした。

「ついに来るべく時が来た」

って感じです。



昔の映像を見て思うのは

トリプルアクセルを確率高く成功していた

10代の頃って体も顔もガリガリに絞り込んでいますね。



最近は、体は細いものの顔は明らかにふっくらしています。

体脂肪率は、あの頃に比べるとかなり上がっていると思います。

それでも平均的な人より低いとは思いますが・・



世界の最高峰を目指すのって

それくらい贅肉を、そぎ落とす必要があるんですね。

その厳しさに驚いてしまいました。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント