労働収入で1億円の資産を築くのは無理です

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050





今日は急用で記事が遅れてしまいました。



一般的に「金持ち」と、世間で言われる人が

所有している資産の金額は

1億円以上くらいではないかと思います。



この1億円の資産を

労働収入で築くのは、まず不可能です。



労働で1億円が可能なのは

超優良企業のエリートサラリーマンか

プロスポーツ選手か

夜の商売(風俗や水商売)しかないのではないかと思います。



しかし

資産1億円を築くようなサラリーマンは

一流大学を出て

一流の会社に入社し

そこでライバルを押しのけるしかありませんし

超多忙で死ぬ思いです。



プロスポーツ選手は

生まつきの素質と本人の頑張り

それと運がないと無理です。

要は「選ばれた人」でないといけません。



夜の商売の場合は

時間単価は高いですが

若いうちは、お客はついても、年齢が上がると人気がなくなり厳しいです。



また、金銭感覚が狂っている場合も多く

その場合

稼いだ分を全部使ってしまうので

資産の形成にはつながりません。



ですが

不動産投資で1億円の資産って如何でしょうか?



そんな人はゴロゴロいるまではいかなくても

割といるのではないかと思います。



大家の会に参加したら

投資総額が5億、10億は当たり前。



こういう方も借入金という負債を抱えてはいますが

それを相殺した純資産でも

1億円超えの人は結構います。



不動産投資以外でも

1億円の資産を築けるのは

印税などや特許などの権利収入は挙げられます。



使っても減らない使用料を得て

何も労働せずに収入が入ってくる。



家賃収入もある意味

権利収入なのではないかと思います。



◆編集後記◆




昨日の記事で書いた、上沼恵美子と高田純次がMCの番組名は

「クギヅケ」でしたね。

自分でも違和感があったので、調べてからにしようと思っていたのですが

忘れていました。



ところで

私が応援する虎軍団は甲子園で今シーズン、初白星

昨日はホームラン3本で勝ちましたが

北條の1本目と上本のは失投を打ったものでしたが

北條の2本目は驚愕でした。



右投手のインコースのシュート(多分ボール球くらい体寄り)をヒットするのも難しいのに

それを

ホームランって、これは野球観戦歴の長い私も記憶がないです。



出足はつまずきましたが

明日から打ちまくり

今期20本くらいホームランを打つのではないかと思います。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント