この日差しが建物を劣化させる

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050





大阪は雲一つない晴天

暖かく気持ちいいですが

実は、こんな時も物件のことが心配だったりします。



基本的に

建物が建った瞬間から劣化が始まっています。



なので

この気持ちのいい日差しが

外壁や屋根や屋上を傷めつけ

雨も風もそれらを傷み付けます。



更に

夏の熱気や冬の冷気も

それらを傷つけます。



よく、街中で

看板の文字が薄ーくなっているのを見かけるかと思いますが

それらも日差しなどが原因で

劣化しているものとなります。




なので

外壁や屋上防水は

定期的に実施することが

建物を長持ちさせることに繋がります。



では、

その期間は大体何年くらいを見込んでおけばいいのでしょうか?



一般的に10年から15年と言われています。



10年を過ぎると

触れば、手に粉が不着する状態

いわゆる"チョーキング”という現象が出現します。



なので

あなたがご自分の物件に行くことがあれば

壁を手をさわり

"チョーキング”がないか確認するようにするといいです。



もし、手に付着してこないのなら

「まだ、塗装は必要はない」

ので安心ですし



もし、手にべったりつくようなら

「そろそろかな?」

と、思った方がいいです。



このチェックは

物件の取得を検討する際にも必要です。



取得を検討する物件を内見した際は

是非、壁を手で触ってください。



もし、これで"チョーキング”があれば

外壁塗装しなければならないタイミングが近いということですので

その施工分くらいは

値段交渉のネタになり得ます。



私は、一昨年の年末に見にいった購入を検討した物件がありました。

兵庫県宝塚市のRCで築20年でしたが

外壁を触ると手が真っ白!



なので

そのことを理由に鬼指ししたのですが

仲介会社に鼻で笑われ

「橋にも棒にもかからない金額ですね」

と言われました。



あまりにも失礼な態度だったので

ブチ切れたことがあります。



その物件は建って20年間

一度も外壁塗装していなかったものと思われます。



このように

外壁塗装などの大規模修繕は頭の痛い問題ですが

避けようがないので

計画的に資金を貯め

計画的に大規模修繕を実施することが

非常に重要です。



◆編集後記◆




正午前のニュースの関西版で

関西電力と大阪ガスの入社式の様子が報道されていました。



去年の4月に電力自由化が始まり

独占だった関西電力がシュアをいくらか食われた形ですが

今年はガス自由化スタートですので

攻守逆転で

関西電力はやられた分はやり返す。

大阪ガスは守り抜く。

そんな構図を報道していました。



但し、違和感があったのは

入社式に臨む新卒の社員の数が全然違うということです。



これは大阪ガスが対顧客を

大阪ガスのサービスショップに委託しているが

関西電力は自前だということだろうと思います。



それにしても、まあどちらも今まで競争相手なく

ボロ儲けしてきた訳で

その儲けが従業員に分配されていた訳です。

大学の同期の、これらの会社に就職した人から聞いた話では

年収レベルで私がいた一部上場企業の年収レベルで2倍弱です。

マジで会社も従業員も儲け過ぎです。



公共サービスなので

そんなバカげた給料体系をやめて

料金を下げましょう。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント