「奥さんが不動産投資に反対している」状況の究極の回避法

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050





「奥さんが不動産投資に反対している」ために

不動産投資できない方がいるのですが

これを回避する究極の方法を書こうと思います。



これを回避する究極の方法

それは

「独身のうちに不動産投資を始める」ことです。



アホか?

って怒られそうですが・・



独身のうちは自分が稼いだ分は全て自分の物になります。

その間に、不動産投資を始めるんです。



すると

ちゃんと勉強してから物件を買ったなら

キャッシュフローが生まれるはずです。



その段階で結婚すれば

奥様も

実際に不動産投資がキャッシュをもたらしていることを見る訳ですから

これは反対はしないでしょう。



しかし

既に既婚者なら、どうしたらいいでしょうか?



それは

独身時代に貯めた資金で

不動産を買うことです。

その時点では奥様に内緒にしておきます。



そして

経営が軌道に乗り

それなりのキャッシュフローが安定的にもたらされた時点で

奥様に打ち明けます。



この時

実際に不動産投資がキャッシュをもたらしていることを

知る訳ですから

「不動産投資も悪くないわねぇ」

ってなるのではないでしょうか?



しかし

独身時代の貯金もないままに

結婚した人も多いと思います。

そういう方はどうすればいいでしょうか?



そういう方の場合

・小遣い制ではなく、自分の自由になるお金の裁量がある人

・小遣い制の人


この2種類に分かれるのではないかと思います。



前者の場合なら

内緒で、不動産投資を始めて

キャッシュフローを出すという

上に書いた手段が使えます。



しかし

後者の小遣い制の人は

この方法が使えないですよね。



その場合は

物件を買う前に

大家の会に奥様を連れていくことです。



そうすれば

ゼロから資産を築き上げた大家さんが多数います。



奥様が彼らを見たら

「こんなに多くの人が不動産投資でお金儲けしている。

ならば、うちの主人も出来るかも・・」


と、なるのではないかと思います。



奥様の人柄や性格は千差万別ですので

一概にはいえないですが

参考になれば幸いです。



◆編集後記◆




ダウンタウンが

大阪に再び万国博覧会を誘致する

「2025 日本万国博覧会誘致委員会」のアンバサダーに就任。



はぁ?ダウンタウンって兵庫県の尼崎市出身ですが・・



但し、尼崎の市外局番が06で大阪市と同じように

都道府県は兵庫ですが

大阪とほぼ一体をなしているとも言えます。



他に、ダウンタウンそのものにも疑問があって

何故、松本と浜田はグループ名をダウンタウンに決めたのか?

多分、ダウンタウン=下町 という意味でそうしたのだと思いますが

ダウンタウンは下町の意味ではなく

繁華街とか商業地域の意味です。



吉本の社員は日本でも有名な大学出身のいわゆる高学歴揃い。

ならば

「おいおい、ダウンタウンは下町という意味と違うで」

って教えてあげたらよかったのに・・


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント