広告費を減らすための姑息?な方法


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。

入居付けが成功した時に

入居者を見つけてくれた会社に広告費を払います。



実は、この広告費を安くする姑息?な方法があります。


広告費は

家賃の1か月分とか2か月分とか

激戦区では3か月に及ぶ所もあります。



私の所有物件では

大阪府物件は1か月

福岡の学生向けは1か月

福岡の中心部は2か月です。



広告費を減らすにはどうしたらいいのか?



一番簡単な方法は

家賃を減らすことです。



家賃を減らせば、広告費が減るのは明らかですね。

しかし

それでは、収益が減ってしまうわけですから最悪です。



なので

家賃を減らしても

収益を減らせない方法を考え出さねばなりません。



その方法とは?




共益費の設定です。



共益費とは

物件の共用部分の使用分や消耗分を

各戸に負担してもらう金額になります。



共用部分がない戸建て物件は

共益費の設定は無理です。



例えば

4万5000円の家賃を

3万9000円の家賃と6000円の共益費に分けます。



そうすれば

広告費の計算は

3万9000円をベースに計算することになり

仮に2か月の広告費が必要な場合は

7万8000円です。



元のままだと、9万円ですので

1万2千円が節約できることになります。



客付けに走る営業マンは

何か月もらえるかを見て動きます。

なので

この方法は、いい方だと思います。



しかし

もらえる総額もチェックして紹介しているので

やり過ぎは

営業マンの士気が下がる原因となりますので

注意が必要です。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント