確定申告書完成、分析してみて発見したこと

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050






昨日はWBCを見ながら確定申告の作業をし

何とか深夜26時半くらいに完了しました。



結果的には

納税額は、ほぼ同額でした。



しかし

H27年は外壁塗装で200万円くらいを

一括で経費に落としたので

H28年のは不動産所得は、その分が増えるかと思いきや

僅かの増加に留まりました。



僅かしか増加しなかった理由は

九州1号物件の4か月

大阪1号物件の6か月に及ぶ空室と

新設の法人に管理費を払ったことに拠る減益です。



H27年は、空室が出ても

最短2週間、最長で3か月くらいでしたので

やはり

空室期間が長期になる場合の影響は大きいですね。



周りの大家さんも

「空室が長期化するようになった」

と、いう人が多いように

やはり

相続税対策や

土地活用の名目での

やみくもな新築が悪影響を与えているように思えます。



新設の法人に管理費として払う分は

不動産所得の減少効果がありますが

役員報酬を受け取れば

給与所得が加算されます。



私の法人からの役員報酬は月10万円

それが9月以降の4か月で

合計40万円で

この額になると

給与所得控除が入るので

給与所得はH28年はゼロとなりました。



法人への管理費の支払いは

月10万円とニアリーにしているので

この約40万円は

100%所得減額に働きました。



今年は

120万円ですので

給与所得は発生することになりますが

全額ではなく

「給与所得控除後」の金額。



不動産所得は約120万円が減額になるので

ネットすると

給与所得控除分だけ

全体での所得が減額されることになります。




まあ、想定通りでしたが

実際にやってみて

法人化の効果を実感しました。



◆編集後記◆




昨日のWBC 日本 対 オランダは

凄かったですね。



日本がつぎ込んだ投手が9人

日付が変わる直前に試合が終わる

まさに死闘でした。



プレーで驚いたのは

菊池の超ファインプレーからのグラブトス

他には、牧田の浮き上がる球ですね。

アンダースローの速球派は海外では殆どいないため

殆ど芯で捉えられてませんでした。



しかし

まだ第2ラウンドの1試合目

これで死闘の上やっと勝つようだと

優勝まで持つかな?って気がします。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント