破たんする時は一瞬!?足元を固めることが大事です

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050





私は楽待コラムを全て読んでいますが

毎日、コラムを書いていた人が

急に更新を止め

「どうしたのかな?」と思ったのですが

調べると

過去のコラムも消されていました。



その人は

「こんばんみ」で始まり

「では、また明日0時にお会いしましょう」

で結んでいた人ですので

あなたもご存知かも知れません。



このように

威勢よくポンポンと買ってた人が

そのことを毎日コラムで報告していたのが

更新を止めて過去の記事まで消したとなると

ちょっとよくないことを想像してしまいますね。



詳細は謎ですので

そうではないかも知れないですが・・



ロクに物件を吟味せず

融資がつくからと買っていれば

借金額が大きくなり

危険性も高まります。



例えば

価格を高い水準で

オーバーローンで融資を引き

利回りが1桁では

キャシュフローは出ないでしょう。



それを繰り返せば

貸借対照表(バランスシート)は

自己資本比率が極小化し

右側は、ほど借金で満たされることになります。



株式投資する方なら理解出来ると思いますが

そんな貸借対照表の会社の株は誰も買わないと思います。



「貸借対照表など、分からない。」

と、いう方もいますが

貸借対照表でその人(企業)の危険度がチェックできます。



なので

破たんしたくないのなら

キャシュフローが出る物件を選んで買うこと。

また

貸借対照表(バランスシート)が評価されるように

足元を固めることが非常に重要になってきます。



◆編集後記◆




昨日のWBCの開幕戦は

1点を争う好ゲームの展開から打撃戦に入り

何とか逃げ切りで勝利でした。



この勝利で関係者以外で一番ほっとしているのは

山田選手のホームランボールをフェンスの前で捕球し

2塁打にしてしまった少年でしょうね。



もし、この1点で負けたとしたら

袋叩きになるところでした。



この試合で驚いたのは

キューバのセンターを守るサントス選手の守備です。



あんな広い守備範囲の選手

見たことないです。

V9巨人の柴田や阪神の大和よりも凄い守備でした。

日本人の観客でさえ、拍手を送るくらいでした。



このように世界の一流のプレーが見れるのが

WBCですので

日本が勝った負けただけではなく

そういうことも楽しみの一つです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント