配管つまりで水浸し(証拠写真あり)

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050






今朝、大阪1号物件の管理会社から電話がありました。

この時期に電話となると

退去のお知らせのことが多いのでドキドキしていたのですが

そうではありませんでした。



内容は

配管つまりが起こって

水が流れない状態になっている、ということでした。



この物件は

配管が細いのか

配管の勾配が緩いの分かりませんが

割と、配管つまりが多く

その度に高圧洗浄をかけてもらっていました。



しかし

いつもの公共マスの箇所ではなく

居室の模様



管理会社からは

「いつものように見積り書を提示してからの工事では

遅れてしまいますので、直ぐに処置させます。」


とのことで

これは請求が怖いです。



但し

意外にもこのような配管の工事の場合

火災保険が使える場合があります。


火災保険の請求には

見積り書と現場の写真が必要になるので

対処まえの写真を送ってもらいました。


その写真がこれです。

minase



3点ユニットの床が

プールになっています。



これは大変ですよね。

その後、どうなったかは

まだ後日報告させていただきます。



◆編集後記◆




子供が銀行口座が必要になり

近くの都銀の支店に口座開設に来ています。



実は、先週にも来たのですが

学生証だけを持っていったら

「学生証の場合、もう1つ本人確認資料が必要になります。」

と、いうことでケチがつき

レベンジに来ています。



表を渡されましたが

それだけがあればOKな本人確認資料と

2つないとOKにならない本人確認資料があるみたいです。


その表を見る限りは

前者は、国などの公の機関が発行する物

後者は、私立大学などの私的機関が発行するもの

及び住民票や保険証など顔写真がない物

そんな分け方です。



私立大学が発行したものを信用しないというのは

かなり上から目線な気がします。



以前も法人の口座を開く際も

登記事項証明書の原本が必要で

その原本を銀行がコピーした上で原本を返却された訳ですが

これも

「客がコピーしたエビデンスは信用しない」

という上から目線



ちょっと行き過ぎだと思うのですが・・


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント