あなたは複式簿記にてこづずっていませんか?

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050





私も遅ればせながら

一昨日から

確定申告の帳簿付けの作業に入っています。



青色申告の条件としては

・複式簿記で記帳しなければならない。

と、いうものがあります。



複式簿記が全く分からないせいで

事業的規模にも関わらず

白色申告をするのは勿体ないですよね。



しかし

簿記が全く分からない方なら

複式簿記で帳簿保存するために

税理士に手数料を払うのも勿体ないので

敢えて白色にしているのかも知れません。



私は会社員時代

30年くらいは会計の仕事をしていたので

複式簿記は、楽勝ですが

会社に入りたての頃は


「何じゃこりゃ?」

って感じでした。



マスターしてみると

「こう教えたらもっと分かりやすかったのに・・」

と、思うことがあります。



例えば

PL科目=損益(賃貸料、支払手数料、支払利息など)と

BS科目=資産・負債・資本(普通預金、現金、未払金など、資本金、利益剰余金など)が

仕訳の、両側(借方と貸方)に入り混じるため

分からなくなってくるのだと思います。



実は、私もそうだったんです。

「損益科目と資産・負債科目の関係はどうなっているやろう?」

と、入社2年くらいまで悩んでましたから



実は、これって全て、BS科目で考えれば

簡単に理解できます。



BS科目は、

本来の守備位置が、資産が左側(借方)、負債と資本が右側(貸方)

これを丸暗記します。



仕訳は、その科目の残高を増やしたい場合は

本来の守備位置、減らしたい場合は、左右反対に回ります。



この原則も丸暗記してください。



次に、PL科目ですが

これは資本の部の剰余金の内訳に過ぎないと考えます。



例えば

家賃が口座に振り込まれてきた場合は

借方:普通預金 貸方:利益剰余金

ですが

利益剰余金では、何か分からないので

具体的に賃貸料とします。



なので

借方:普通預金 貸方:賃貸料

となります。



どうですか?

この説明だと簡単だと思いませんか?



詳しくは、私が作った無料レポートに書いてあるので

ダウンロードしていただけると嬉しいです。

→ http://mailzou.com/get.php?R=73486&M=27727



◆編集後記◆




ヤフーニュースを眺めていると

「DeNAを戦力外となり、楽天のキャンプにテスト参加していた久保が合格した。」

と、いう見出しが目に入りました。



えっ阪神からFAでDeNAに入団した久保?

と、思ったら、元巨人の久保でした。



元巨人の久保と言えば、松坂世代ですよね。

松坂世代もかなりの選手が引退しています。



新垣や木佐貫も引退したし

残っている選手で有名な選手と言えば

藤川球児、和田、杉内、村田(巨人)くらいですかね。



松坂自身が引退の危機ですので

プロのアスリートの選手が輝くのは一瞬だということが分かります。

本当にはかないですよね。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント