恐怖心がない人は、不動産投資で失敗します


私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050






昨日、録りだめしたTV番組で

「ビーバップ ハイヒール」の9日放送分を見ました。



本日のカシコブレーンは

マスコミにもよく出演している脳科学者の中野信子氏で

その日のテーマは「サイコパス」でした。


サイコパスと言うと猟奇的な犯罪を犯す人

例えば

相棒シリーズでは生瀬勝久が演じた

検察官でありながら平成の切り裂きジャックと言われた朝倉六郎とか

(ここまで知っているのは中々のマニアです)



実は、サイコパスの人って意外と多くいて

あのスティーブ・ジョブスや

発明王エジソン

織田信長も、サイコパスだったとか



サイコパスの特徴の1つとして

「恐怖心がない」

と、いうのがあります。



ですが

恐怖心がない人は不動産投資で失敗する確率が高いと思います。



かつてのF1世界王者で

音速の貴公子という異名を取った故アイルトン・セナは

「恐怖心があるからこそ車を事故なくゴールまで導いてくれるんだ」

と、言ったことを聞いたことがあります。



そのように

恐怖心は不動産投資にも必要だと思います。



その理由は

リスクを計算し

リスクを低減する手続きを講じるとか

または

リスクを評価した上でリターンも評価し

その結果、リスクを受容するとか



そういうリスクを常に頭に入れておくことが

めちゃめちゃ重要で

無視することは出来ないからです。



例えば

もし、物件が火事で全焼したら・・


もし、物件地震で全壊したら・・


もし、物件入居率が落ちたら・・


もし、物件家賃が下がったら・・


もし、融資の金利が上がったら・・


もし、キャッシュが回らなくなったら・・



こんな恐怖を感じる人でないと

つまり

サイコパスでない人でないと

不動産投資で成功するのは難しいと思います。



◆編集後記◆




明日はバレンタインデーということで

一昨日、昨日、今日あたりは

義理チョコ、友チョコを自宅で作っている女子も多いのではないかと思います。



実は、私の中高生の頃は、本命チョコのみ



大学生くらいで、そろそろ義理チョコが始まり

会社を退職する少し前に

「中高生の間に友チョコが広まっているみたい」

と、いう噂が広まってきました。



実は、私が会社員の時に

他の工場から来た上司(当時部長)から

「義理チョコ禁止令」が出たことがあります。

「但し、本チョコは、いくらでもやってもらって自由」



かなり合理的かつ思い切った判断です。

私も歓迎しました。



そういう合理的な考えを持ち

思い切った判断を出来る人だったからか

最後は専務まで昇格しました。



数年で部を去った訳ですが

その後、移動したり採用された女子社員の手によって

義理チョコが復活してしまいました。



私の正直な気持ちは

義理チョコは要らない。

しかし

他のヤツがもらっているのに

自分がないのはめっちゃ腹立つ

です。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント