退去通知が来た!

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050





数か月満室を維持した私の物件も

ついに九州2号物件で退去が発生しました。



実は、九州1号物件でも退去が既に発生しているのですが

今月売却ですので

「買主さん 頑張ってください。」

と、いうことになります。



契約書では

退去の1か月前にまでに退去届を提出することを求めています。



2月末退去で、私に通知が来たのが

1月30日ですので

割とギリギリに提出したようです。



今回は、今すぐ募集は出来ますし

1階と言えども

100%間違いなく埋まると思います。



しかし

今月中に、退去届が到着する分があるとすると

恐怖です。



例えば

2月28日に、3月31日退去の届をもらったなら

厳しいですよね。



すぐに募集はもちろんしますが

部屋を探す人は

やはり中を見て決めたいものです。



それが3月31日までおられると

中が見れません。



もっと厳しいのは

3月になってからの退去届です。



明け渡しが4月になると

更に厳しく、入居が決まるのは、ほぼ無理っぽいです。



まあ、私の所有する物件は

比較的競争力が高く

多くの空室が長く続くことは考えにくいですが

それでも

繁忙期に満室で突入すると

それ以上の上積みがないので

やはり繁忙期は恐怖です。



あと

管理会社の能力というのは

繁忙期の成否を分けることが多いです。



なので

管理会社の客付け能力に不安があるのなら

もう今年は、そのまま行くしかないですが

繁忙期に突入する前に

管理会社の客付け能力の高い管理会社に乗り換えることをお勧めします。



◆編集後記◆



太平洋戦争で散った

かつての巨人のエース沢村栄治氏のフォームを

中京大スポーツ科学部の湯浅景元教授が画像解析すると

160キロ以上出ていたそうです。



当時はスピードガンがありませんでした。

というより

スピードガンが導入されたのって

ほんの30年くらい前からだと思います。



なので

400勝の大投手金田や、阪神などで活躍した江夏

巨人の堀内などは

160キロくらいの球を投げていたのかも知れません。



我々阪神のファンからすると

江夏の入団2年目が驚異的で

球種は真っすぐのみ

つまり速い真っすぐと遅い真っすぐとコーナーワークのみで

25勝12敗、奪三振は401個



こんな投手、過去にも未来でも

いないのではないでしょうか?


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント