譲渡所得計算時の譲渡経費の範囲とは?

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050





昨日は、一日中所用のため

記事は休ませていただきました。



先日、源泉税の関係で税務署に行った際に

ついでに署員に、気になっていたことを尋ねて来ました。



それは、

譲渡所得計算時の

譲渡経費の範囲です。



譲渡所得は

売却金額ー譲渡経費ー売却時の帳簿価格

で、計算します。



「ここでいう譲渡経費の範囲があいまいやなぁ」

と、思い

念のため、尋ねてみました。



というのは

範囲を広く捉えると

・仲介手数料

・担保解除の費用(司法書士代金)

・契約や決済において掛かった交通費


などが考えられますが

本当に、そこまで入れていいものなのか?



もし、これらの費用を

入れて申告し

過小申告を指摘されたらイヤです。



それに、楽待のコラムニストの方で

担保解除の費用(司法書士代金)を入れて申告したという記事を

読んだ記憶があります。



税務署員は即座に回答してくれました。

「仲介手数料のみで考えてください。」



国税庁のサイトには

譲渡に直接的に関連する経費

と、書かれていて



確かに

担保解除の費用(司法書士代金)や

契約や決済において掛かった交通費は

間接的だと言えます。



このように、疑問に思ったことは

税務署の署員に尋ねてみるといいです。



税務調査に来た時の調査官は、親切には見えませんが

それ以外の時は

意外に親切ですから。



◆編集後記◆



佐賀県唐津市議選で

同姓同名の男性候補2人はともに当選し、

開票作業でのトラブルもなかったという。



その名前は、「青木茂さん」らしいですが

名前は、有り勝ちですが、姓はそれほど珍しいほどではないのに・・

と、思ってしまいました。



実は、私も学生時代は、同姓同名の経験がありません。

と、いうより、同じ学校の同じ学年には、同姓もいなかったです。

大学は、学部では、横田姓はいなかったです。



なので、特別珍しい姓ではないが

頻繁にある姓ではないと思います。



しかし、社会人になり、ニュースステーションのスポーツコーナーを見ていたら

「ヨコタシンイチが現在1位」はぁ?

その人とは、ゴルフの横田真一プロでした。


この人です。

→ http://www.jgto.org/pc/PlayerProfile.do?playerCd=2145



人生初、読み方が同姓同名です。

なので、頑張っていただきたいです。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント