不動産投資をやりながら、会社の出世をどう考えるか?

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050




今日は、朝、病院に行ったことと

昼に、所用のため難波周辺に行っていたので

記事を書くのがメチャメチャ遅れてしまいました。


こうやって

昼に繁華街をウロウロ出来るのも

不動産の安定収入のお蔭です。



このように、私は昼はかなり自由な時間が多い訳ですが

サラリーマンをしながら不動産投資をしている

いわゆるサラリーマン大家さんって超多忙だと思います。



かくいう私も、サラリーマン大家さんでしたが

その場合

「会社での出世をどう考えるか?」

と、いうことを意識しておく方がいいかも知れません。



まあ、私のように何度も休職し

元の中枢的な部署から

「いらん」

と、言われ、そういう人ばかりいる部署に回された人間だと

「会社の出世など、どうでもええわ」

と、いうことになるとは思います。



同期のヤツらは、偉くなり

年収ベースでボロ負け

正直、面白くないです。

しかし

不動産投資からのキャッシュフローを足すと

私がボロ勝ち。



会社では自己実現はなくても

副業では、自己実現感あり



こういう状態だと

グッと不動産投資に軸足が移ることになります。



しかし

難しいのは

会社でも出世コースを歩み

自己実現感あり

不動産投資も成功して

自己実現感ありという人です。



この場合

何が何でもサラリーマンとして成功したいのであれば

率先して仕事をし

いやな転勤にも応ずる必要があります。



理不尽な要求にも耐え

自分が悪くないのに、頭を下げる必要も出てくるでしょう。



会社だけしかない人も

基本、同じようなことだと思います。



しかし

不動産投資も成功しているのなら

理不尽な要求にも耐える必要もなく

自分が悪くない場合は、一切頭を下げずにいることも出来ますよね。



イヤな転勤も断ることが出来るし

栄転さえ断ることが出来ますよね。



どちらが自分にとって

幸せな人生なのか

よく考え

「会社での出世をどう考えるか?」

を予め考えておくといいと思います。




◆編集後記◆




今日、病院に行き

1か月くらい前からの関節痛にやっと病名がつきました。



腸炎関連関節炎という病名で

やはり原病の潰瘍性大腸炎と無関係ではないとのことでした。

原因不明かつ効果的な治療法も不明な

線維筋痛症ではなかったので、ちょっとホッとしています。



潰瘍性大腸炎の治療方針の方は

今のように便の調子がいいのに血液検査で炎症反応があることについて

新たな仮説が立てられました。



今後、内視鏡検査を実施して、そういう見方で検証することになりました。



こういう仮説が立てられるのも

安倍総理の主治医とも、頻繁に連絡を取り合い

その先生と一緒に潰瘍性大腸炎の治療スタンダードを作った

名医だから出来たことだと思います。



なので

今よりずっとよくなる日が楽しみです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント