自由を得るとは、こういうことなのか?

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050




自分で言うのもなんですが

「最近、いい顔になって来たよな」

と、思うことがあります。

それはハンサムとかブサイクとかそういうことではありません。



おでこの皺も増えて、その辺りは超イヤなのですが

何だか、表情が穏やかになったように思います。



それに比べ

不動産投資を始める前の

40代の頃は

鏡を見るのが、本当にイヤでした。



この違いは

やはり

ストレスいっぱいで、苦しんで

その結果うつになったりした

サラリーマン以外に

不動産投資という

自分が活躍できる場所が出来たことだと思います。




サラリーマンの場合

社長以外は

全て上司がいて従わざるを得ないというストレスがあります。



実際に

私の場合も

当時は中間管理職で

上からは、責任を押し付けられ

下の人間は能力不足という中

自分の自由に出来ることは、殆どないという

閉塞感にさいなまれていました。



それが今では

全てが、自分の裁量で

その分、成功しても失敗しても

全て自分に還ってくるという状況は

緊張感はあっても、やりがいがあるものです。



それが

「最近、いい顔になって来たよな」

に、繋がってきているのではないかと思います。



自由を得るとは、そういうことではないでしょうか?



◆編集後記◆




この寒波で京都でも10センチ以上の積雪があったようですが

大阪は、気温は低いですが、よく晴れていて

そこまでの寒さは感じないです。



この寒波とセンター試験の日程が合ってしまい

多くの会場で、スタートを繰り下げたようですが

これって毎年ですよね。



私は、センター試験以前の、共通一次試験の第1回目を受験していますが

その時も、スタートを繰り下げた会場がありました。

「全国で一斉に試験するということは、こういうことが起こり得るんやなぁ」

と、認識しましたが

他にも、思い出が多いです。



ラジオの大学受験講座だったかで

「靴下を2枚はいていくと、いいよ。頭寒足熱がになるから」

と、アドバイスされて、その通りにしましたが

足が蒸れて、かゆくなって試験に集中できませんでした。

かといって、試験中に脱ぐのもどうかと思って・・・



やはり、緊張する場こそ

「いつもと同じ」が、いいと思います。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント