空室対策専門家がサブリースを○○した


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


賃貸経営フェスタin 大阪に参加し

受け付けブース前の椅子で記事を書いています。



午前の空室対策セミナーが終わり

午後の

再生ノウハウセミナーと

関西の不動産市況が残っています。



弁護士の無料相談コーナーの前を通りがかった時

たまたま空いていたので

私が抱える滞納家賃の今後の対応を相談しました。



結果的には

法律で解決できる手段はほぼ全部使っているので

これ以上

法律を使っての解決は難しい、ということでした。

ですので

あなたも滞納の問題に直面したなら

是非

小さいうち(出来れば1か月以内)に

芽を摘むように心掛けてください。



私のようになってはダメですよ。



午前の空室対策セミナーでは

講師がサブリースを強烈に否定していました。

「相続税は確かに軽くなったり納税する必要がなくなったりするかも知れませんが

残された者がその賃貸物件を経営していかなくてはならない。

そちらの視点が欠如している。

空き家の増加をもたらしているのはズバリ、サブリースである。」



一方で

受講者の中には

今日も出展しているサブリース会社の

紙袋を大事そうに持っている

高齢の大家さんがいました。



多分、空室に苦しんでいるんでしょうね。

しかし

それも自業自得です。

つまり勉強不足なだけなんですよ。

まあ、決めつけるのはいけないのですが・・

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント