これは怖い!元付業者の囲い込み


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


先日、不動産投資家の方から聞いて

怖~い!と思ったことがあります。



それは元付け業者の囲み込みです。



何でも

入居が全然、決まらず

管理会社を変更しようとして

他の業者に当たった所

自分の物件の情報が

流れてなかったことが判明したそうです。



この現象はこういうことです。



元付け業者が

自ら客付けに成功したのなら

借主から家賃1か月の報酬と

大家から広告費が二重に取れるわけです。



これが

別の業者が入居付けした場合は

借主から元付けへ家賃1か月の報酬。

大家が出した広告費は

元付けから客付けに払われます。

これだと

元付け業者の取り分が少なくなるわけです。



例えば

家賃が5万円

広告費が5万円の場合

管理会社(元付け)が自分で決まれば10万円の報酬



別の業者が決めれば自社の取り分は5万円のみ




管理会社にとって

どちらが有利かは

火を見るよりも明らかですね。



なので

「最近、空室が埋まりにくくなってきたなぁ」

と、いう時は

物件情報が管理会社に囲い込みされてないか

疑った方がいいですね。



これをどうやって見破るかですが

募集している条件で

スーモやアットホームなどで

検索し、元付け会社以外の会社が広告を出しているか?

チェックしてください。



他社が出しているなら

囲い込みはされていないということが推定できます。



それで

もし、一社も出していないのなら

囲い込まれている可能性は高いです。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント