今年1年の投資を振り返って

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050





今日は、大晦日ということで

今年1年の投資を振り返ってみたいと思います。



今年は、

物件価格高騰も影響して

物件は1つも増やすことは出来なかったです。



私が物件を取得した時期からくらべると

利回りベースで3%~4%も低く

それでも

0%代の金利で長期融資を引けるのなら

ありかも知れないですが

もうサラリーマンではない私の属性では

中々厳しいものがあり

これでは収支が回らないと諦めることが多かったです。



信金さんからは

「物件を持ち込んで欲しい」

と、言われていたのですが

キャッシュフローが出ない物件を買う意味ってありませんので・・・



入居付けの方は

3月末に空いた2部屋(大阪1号物件と九州1号物件)

1つは7月に決まり(九州1号物件)

1つは10月に決まり(大阪1号物件)



なので

私の経験上で最長の空室期間6か月を記録してしまいました。



今までは

元々稼働率が高かった物件を取得したこともあり

管理会社が勝手に入居付けしてくれた訳ですが



今回は、それでは埋まらず

大阪1号物件で

初めての大家自らの客付け営業を体験しました。



そこでショックを受けたのは

私の物件をプレゼンすると

街の賃貸ショップの方々は

「そんな物件があったことは知りませんでした」

と、いうことです。



つまり

レインズに上げておけば

彼らが適当にピックアップして紹介してくれるのではなく

こちらから能動的にアクションを掛けないと

彼らに認知してもらえない。

と、いうことです。



なので

物件の数が多いアホほどある大阪では

「空けばすぐに、客付け営業を回るべき」



そうしないと

今回の様に繁忙期が終わり

賃貸需要が衰えた時に頑張るという

効率の悪い客付けになり

空室期間が長期になることがあることも

身に染みて感じました。



他には

九州1号物件で

となりの空き地に建物が建つことになり

掘り返したら

うちの物件の配管が

隣に越境していることが判明し

迂回される工事の費用が

まあ大きな額ではないですが、かかったりしましたが

100万円を超えるような

大きな修繕費は特にありませんでした。




来年は、九州1号物件を売って作った資金をベースに

よりアクティブに不動産投資したいと考えています。



◆編集後記◆



今日は大晦日ということで

私以外の3人は

「ガキの使いやあらへんで」を楽しみにしています。


面白いですが、あれを見てしまうと

年が変わる瞬間に立ちえないのが情緒がなくてイヤなんです。



最近では

「除夜の鐘がうるさい」

との苦情で

1回しか打たない寺もあるようです。


何か、合理的過ぎて

私は好きではありません。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント