不動産投資することが本業にも生きてくる理由とは?

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050







不動産投資家の殆どが

サラリーマン大家からスタートしています。



会社に行きながら不動産投資しているとなると

会社からは

「不動産投資に気持ちが行ってしまっていて、本業に身が入っていない。」

と、思われがちです。



しかし

私は逆ではないかと思います。



まず、不動産投資と言えども

正しくは賃貸経営

なので

全て自分の裁量で経営状況の改善に

奮闘することになります。




一方で、本業では

任されるのは、

役員などの上層部を除き

ある一部分だけを担うことになります。



その場合、役職によって

自分の権限が限定されているので

自分の裁量の及ぶ範囲は僅か。



こうなると

一定時間の労働を提供して

その対価をもらう形態になります。

これでは

黙々と粛々と自分に与えられた作業をこなすことになりますよね。



そんな仕事の中に

不動産投資で身に付けた経営者感覚を活かすことが出来れば

黙々と粛々と作業する人より

優位に立てるとは思いませんか?



他には

不動産投資をしているため

生活費を確保できているので

サラリーマンの仕事に思い切りが出てきます。



例えば

会社が理不尽な対応をしてきた場合

不動産投資などの副業収入がないので

「この仕事を辞めさせられたら、次に収入を得る道がない」

と、思う人なら

例え、理不尽な要求でも

飲むしかないのではないでしょうか?



その人は

「それが組織というもの」

と、言うかもしれませんが

単なる"腰抜け”なだけです。



辞めさせられても不動産投資での収入で

当面の生活費が確保できる人なら

理不尽な対応をされたら

敢然と立ち向かうことが出来ます。



その方が

後輩や部下から一目置かれる存在になり

上司からも骨のあるヤツと評価されると思いませんか?



このように

サラリーマンが不動産投資することは

デメリットがあるどころか

メリットしかありません。

自信を持ってやりましょう。



◆編集後記◆




今日から全日本フィギュア選手権が始まっています。

報道を見ていて

「会場は、東和薬品ラクタブドーム?

それなら切符を買えばよかった」

と、思いました。



東和薬品ラクタブドームは私の住む市の隣の市にあり

元々は、「なみはやドーム」と言ってました。

下の子の高校の体育祭が、そこで行われたので

馴染みがあり車で30分で行ける距離です。



真央ちゃんが

「これで引退の可能性もある」

と、見ているので

もし、そうなら最後の試合ということになります。



当日券はなく

どうしても行くのなら

ネットで転売で稼ぐ人が売っているのも買うしかないのですが

かなり胡散臭いので

そこまでやる必要はないかと思います。



女子の方は10代の選手はかなり台頭してきていますが

真央ちゃんの全盛期の様に

国民が全員で応援するような

スター選手がいないので、寂しいです。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント