身内から不動産屋選びのアドバイスを求められました

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050






私が不動産の業界にいるため

身内から

不動産屋選びのアドバイスを求められました。



と言っても

その人が不動産投資するということではなく

部屋探しのために、

いい不動産業者についてのアドバイスということでした。



私は貸している方なので

立場は逆ですが

そのため、部屋探しをする人のこともよく知っています。




基本的には

我々大家が嫌がることをやれば

彼らは得する訳ですから

そういう視点からアドバイスしてみました。



最初にアドバイスしたのは

不動産屋に飛び込んで、物件を探してもらうのではなく

「ネットで予め物件を選び決め打ちで案内してもらえ」

と、いうことです。



これをされると

大家の方としては

広告費を積む意味がなくなります。



入居希望者に最適な物件でなくても

案内してもらえるのは

大家が広告費を積むからであって

そういう物件に連れていくためには

物件選びを営業マンに委ねた時に限りますので

ネットで予め物件を選び来店されると

一番困る訳です。



次にアドバイスしたのは

「"大島てる”を使って事故物件でないか確認しろ」

と、いうことです。



業界人なら誰もが知る

日本最大の事故物件サイトである"大島てる”



事故物件の100%が載っている訳ではありませんが

告知義務があるうちは仕方ないにせよ

告知義務がなくなってからも

サイトに載っていることって

貸す側の大家から見れば大迷惑に違いありません。



まあまあ、他には

「営業マンが案内する順番が3つ目の物件は

"決め物件”なので、その戦略に乗らないように」
とか

「借りるなら安全のために新耐震の物件を選べ」とかもあるのですが

メールでの相談でしたので

これらのアドバイスは会ってからしようと思います。



◆編集後記◆




吉本新喜劇の島木譲二さんが死亡

大阪名物パチパチパンチというギャグで有名ですが

他に小ネタもワンパターンですが面白かったです。



例えば

「まいったまいったマイケル・ジャクソン」

「しまったしまった島倉千代子」

「困った困ったこまどり姉妹」

「I can not 能登半島」とか



他には

「ん~チューイング ボン」

「チンチラポッポ」とか



出ると

「うわ熊や!死んだふりせい」(他のメンバー)

と、言われ全員、死んだふり

「誰が熊やねん、俺が熊やったら、前足でこんなんするのんか?」(島木)

「えっ、そんなん出来るんですか」(他のメンバー)

とか

掛け合いのイジられ芸も面白かったです。



小さい頃から吉本新喜劇で育った私としては

実に残念です。

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント