事業税って経費?

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050




不動産所得の青色事業控除65万円を引く前の所得が

290万円を超えると掛かってくる事業税ですが

これって所得税のように経費にならないものでしょうか?

それとも固定資産税のように経費にできるものでしょうか?



一般的に

所得をベースにして課税されるものは経費ではなく

そうでないものは経費になることが多いようです。



例えば

前者の例では

・法人税

・所得税


などですよね。



後者は

固定資産税・都市計画税です。



こう見れば

事業税は、所得に対して掛かるものですので

所得税のように経費にならないもののように思えますよね。



しかし

これは経費なんです。



これが何故経費なのかは

私もよく分かりません。



ですが

もし、そのことを知らずに

経費にしなかった場合

その分所得が増えてしまうことになります。



なので

理屈は合わないかも知れませんが

ここは理屈抜きに覚えるようにしてください。



◆編集後記◆




2020年開催の東京五輪・パラリンピックや訪日外国人の増加を踏まえ、

警察庁は一時停止を示す逆三角形の「止まれ」の道路標識に

英語で「STOP」と併記する方針を固めたそうです。



実は、先日、私が車で帰る途中に

「止まれ」で完全に停止せず、それを陰から見ていた警察官に

止められたことがあります。



ヤバいと思いましたが、その先の「止まれ」がないが、

非常に飛び出しの多い箇所を通る時に、ちゃんと止まったのを見ていたからか

厳重注意で許してくれました。



「止まれ」がないが、非常に飛び出しの多い箇所って実はあるもので

これは、その近くに住んでいる人間でないと分からないと思います。

そういう箇所をちゃんと「止まれ」にしないと全然意味がないです。



実は、その箇所のすぐ近くにも危険ポイントがあって

急カーブがあって、かつカーブの円弧の外側が下がっている

いわゆる逆バンク

超危ないにも関わらず、「急カーブ危険」と道路に書いていません。

そして、そのカーブを抜けてストレートになったところに

「急カーブ危険」っておかしいやろ!


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント