セミリタイヤすると生活コストが上がります。なので・・

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050





不動産からの収入でセミリタイヤする場合

「この収入なら充分、生活していけるだろう。」

こう判断して、セミリタイヤを決断するかと思います。



しかし

実際は

平日に自由になる時間が圧倒的に増えるので

ついつい支出が増え勝ちです。



例えば

会社員時代なら見る時間がなかったので

契約しなかった

有料多チャンネル放送を契約したり


外食ランチが増えたり


映画館もウソみたいに空いているし



極めつけは、旅行ですね。



平日を利用できるので

ゴールデンウィークやお盆、年末年始のツアーの

1/3以下で行くことが出来ます。



このような理由で

想定していた生活コストを

はるかに上回ってしまい

「こんなはずじゃなかった」

と、いう方が結構います。



事実、私も若干そういう感じでした。

本当に若干ですが



なので

こういう現象が起きてもいいように

セミリタイヤを決断する時は

生活コストを

保守的(安全目)に見積る必要があります。



例えば

年間500万円かかると見積もるところを

年間600万円で見積もるとか・・



あと

セミリタイヤ後も

そういうコストアップの懸念があるので

例えば

映画は年10本までとか

外食ランチは月2回までとか

旅行は年50万円以内とか

こんな感じで

予算を決めて

絶対にそれ以内に収めることも大事なことです。



◆編集後記◆




今日は京都の清水寺で

今年の世相を漢字一文字で表す「今年の漢字」が発表され、

「金」に決まったそうです。



リオ五輪での金メダルラッシュ

舛添前東京都知事の政治資金問題“政治とカネ(金)”、

イチロー選手の通算3000本安打達成など「金」字塔、

PPAPの「金」色の衣装などが金が選べれた理由だそうですが



この字を「キン」と読むか「カネ」と読むかでかなり意味が異なります。

慣用句の中には、本来は「カネ」なのに、殆どの人が「キン」と読んでいるのがあります。



その慣用句とは

「1つ年上の女房は金のわらじをはいてでも探せ」です。

これを「キン」と読んでいては意味が通らないです。

金を「カネ」と読む意味は、お金の意味の他に金属という意味があります。



つまり

藁のわらじでは、すぐにボロボロになってしまうので

「1つ年上の女房を探すために、金属製の丈夫なわらじを履いて必死になって探せ」

と、いう意味です。

ちょっとした豆知識でした。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント