海外不動産投資ってありなのか?


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。

日本の不動産は価格高騰で

利回りが出る物件が少なくなっています。

また、今後人口が減る日本で

不動産投資がビジネスとして有望なのかという

議論もあります。



そういう理由で

海外に目を向ける方もいます。



例えば

東南アジアなどは

・物価が安い

・人口が増加していくことが見込まれる

これらの理由で

注目している方も多いと思います。



私は

海外不動産投資がうまくいくには

2つの条件が必要だと思います。



まず1つは

日本の登記のような

権利関係を公的に主張できる制度が備わっているか?

です。



やはり

発展途上国が多いので

法制度が結構メチャメチャな場合もあります。



もし、そんな国の不動産を買ったなら

お金を払ったはずなのに

物件が実在しないという恐れもあります。



もう1つの条件は

不動産が流通する市場が形成されているか?です。



何故かと言うと

これがないと

売却という行為が出来ません。



なので

ある物件を買ったが

思うような収益が得られない場合

それを現金化したい場合

他の物件に入れ替えたい場合などで

こんな時、スムーズに売却できないのは

やはり問題です。



まとめると

海外不動産投資には

日本の不動産投資にない魅力が確かにある。

しかし

権利関係を主張出来る法が整備されているか?

不動産を流通ささせる市場が形成されているか?

この2つのことをクリアする必要がある、ということです。

a href="http://blogranking.fc2.com/in.php?id=939776" target="_blank">
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント