もし、私が今、不動産投資に算入したら大失敗していたかも知れません

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050





早い物で

私が本格的に不動産投資を志して

石原さんの

「まずは一棟買いなさい」を読んでいた頃から

ちょうど6年です。



まあ、リーマンショックから3年で

やっとその傷も癒えはじめた頃かと思いますので

融資も今ほどジャブジャブではないため

利回りもそこそこ高かったですね。



なので

買っても儲からない物件を

銀行に持ち込んだとすると

積算、収益還元ともに出ず

本人がいくら買いたくても買えない。



つまり

銀行がある意味ストッパーの意味を果たしていました。



しかし

今のように

マイナス金利のため

銀行は貸したくて貸したくて仕方がない。



なのに

企業の方では貸し倒れリスクが高く貸すのを憚れるため

大量に不動産マネーに流れ込むような状況だと

銀行がストッパーの意味を果たしません。



中には

自行が儲けるために

半ば詐欺のような手段で

個人に貸している話も時々聞くので

この状況は非常にリスキーです。



6年前は、私は東証1部上場企業の幹部社員

いわゆる高属性になります。



こういう人ほぼ

物件がよくなくても

銀行がバンバン貸してくるので

逆に怖いです。



なので

もし、私が、まだ物件を所有していない初心者の段階で

今のような融資の状況だとすれば

自信がないとは言いませんが

大失敗していた確率もそこそこ高かったと思います。



不動産投資での大失敗は

破産に近いものですので

かなりヤバいですよ。



あなたが

東証1部上場会社の社員や公務員

勤務医の方などの

高属性の方なら

不動産投資をちゃんと勉強し

ダマされないようにしてください。




◆編集後記◆



「成宮寛貴 芸能界引退を発表」

と、いう衝撃のニュースが飛び込んできました。



最近、色々なことで物議を醸していましたが

まさか引退するとは!



彼が演じた「相棒」の甲斐亨刑事が

逮捕された時には衝撃でしたが

あれは作ったものですから

今回は現実ですからね。



犯罪者になった甲斐亨も

今後、どんな形で絡んでくるか楽しみにしていただけに

メチャメチャ残念です。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント