国民健康保険税には○○があります


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


会社員を辞めた時に

国民健康保険の高額さにびっくりする。

と、いう話を以前、書きました。



我々不動産投資家は

経常的な所得の他に

物件を売却した時の譲渡益というのを

意識しなければなりません。



5期以内の短期譲渡で39%

5期超の長期譲渡で20%

これらは所得税と住民税の話です。

これだけで済むと話は早いのです。



ですが

先ほど言った

国民健康保険税が

それ以外にかかってきます。



私の住んでいる市では

13.64%です。


なので

売却益が1000万円あれば

年間で、136万4千円が

普段の年より

国民健康保険税として増加することになります。



これって

怖いと思いませんか?



実は、私は

再来年、1つの物件の売却を検討していて

今の市況が続けば

800万円くらい譲渡益が出そうです。



今でさえ、国民健康保険税を

年に80万円ほど払っているので

これに109万円(800万円×13.64%)も乗っかるのか?

これじゃあ、

全然、お金が残りません。




恐怖を覚えながら

1時間ほど、必死になって

何とか逃れる方法を探しました。



そして

このことが分かりました。

「国民健康保険税には上限がある。」



例えば

私の住む市では

年間で81万円が上限のようです。



市によって多少違いがあるようですが

大体、80万円前後の市町村が多いようです。



なので

売却益がいくら出ようが

年で80万円前後が上限です。



逆に

もっと莫大な所得がある人でも

年に80万円程度しか払わなくていいということです。

これだと

実質的な税率はかなり低くなりますね。



私の知識不足から出た

話ですが

救済措置は、それなりにあるものだなぁと思いました。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント