入居が決まる物件写真の選び方

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050






昨日の記事でも書いた通り

入居つけも売買もネットの情報が

まず入口になることが多いです。



となると

トップ画像の出来栄えで

成否が決まってくることが多いです。



売買の場合は

そんなに頻繁にあるものではありませんし

1回の取引で大きな資金が動くので

書いてある内容の殆どを読む場合が多いですが



賃貸の場合は

1分間に100件くらい見るような勢いで

ネット検索されているので

トップ画像で目立たないとスルーされ

入居に結び付きません。



では

トップには

どんな画像を載せると

部屋探しする人の目に留まりやすいのでしょうか?



それに関しては

私はこれだと思います。



それは

女性が

「これ」

と、選んだ写真です。



何故かと言うと

部屋を決める主導権は

奥さんが握っていることが大半です。



また

総じて

男性は、外出している時間が長く

超忙しい人は

住居は寝に帰るだけのものであり

なので

特に、拘りがないことが多いです。



しかし

女性は違います。



在宅する時間も男性より長く

どうせ住むなら

オシャレな所に住みたいものです。



なので

賃貸募集する場合の

トップ画像は

奥様や彼女や娘さんなど

身近な女性に

「1番住みたくなる写真」

を選んでもらうようにしてください。


◆編集後記◆




今朝は、東北地方沖で大きな地震がありました。



実は、先週の土曜日も和歌山で、そこそこ大きい地震があり

大阪に住む私もちょっと気持ち悪かったです。



こう立て続けに地震があると

大地震が来るのではないかと思ってしまいますね。



こういう時に、

もし、私がその地域に住んでいたら・・・と、想像しました。



津波の高さは、30センチとかでしたよね。

この高さなら

2Fまで上がれば助かりそうに思えますが

もし、建物が津波に持っていかれた場合

30センチでも死ぬかも知れません。



人間は深さ10センチの水で溺死することがあります。

なので30センチを侮っては大変なことになるかも知れません。

ここは念のため

RCなどの強固な建物の2Fとか3Fまで

避難するのが鉄則かと思います。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント