分散投資について私はこう考える

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050





分散投資と言われるものがあります。

これは

反対の値動きをする資産に分散して投資するというものです。


よく

「1つのカゴに全部の卵を入れてはいけない」

と、例えられます。



その心は

卵を何個ものカゴに、分けていれておくと

1つのカゴを落としてしまったとしても

他のカゴの分は無傷で済むという考え方です。



投資で値動きが反対のもの

例えば

輸出関連株と輸入関連株に資産を分散して保有しておく場合



円高に振れれば、輸入関連株が上がり

円安に振れれば、輸出関連株が上がり

こうやってリスク分散するということですが

よく考えてみるとオカシイと思いませんか?



何故なら

円安に振れても円高に振れても

上がる株と下がる株があるということは

損益が相殺されているということになります。

つまり

値動きの反対の物に投資するのは

大きく損はしないかも知れませんが

大きく益が出ることもない訳です。



なので

世間で推奨されている分散投資に意味はないです。



投資は儲かると思った物に

大きく貼らないと儲けることは出来ません。



例えば

不動産投資が儲かると思ったら

思い切って、そこにシフトすべきです。



そして

範疇の中で

いっぱい所有することで

カゴを増やしていくことです。



つまり

不動産投資なら

物件の数を増やしていくことで

例え、1物件で事故や災害に見舞われたとしても

他の物件でカバーできるようになるんです。


◆編集後記◆



マジで今日は、時間通り、記事を書けないかと思いました。



上の子が大学の課題のため昼過ぎからパソコンを占領

聞けば、かなり長く掛かるみたいです。



仕方なく、この記事のファイル(テラパッド)をUSBに移し

別のパソコンに移動させて執筆しようと思ったのですが

ファイルが開きません。



何とかofficeというのが立ち上がり

テラパッドが開かず。



子供に聞くと、それは、大学で使っているソフトに名前らしく

どっかの段階で影響を受けているみたいです。



移した先のパソコンでは、他のファイルも開くには開くのですが

かなり遅いです。

なので

再起動してみました。



すると、滅多に使わないパソコンですので

更新プログラムが走り出し、1時間経過ですが全く進みません。

更新プログラムは平気で2時間とか掛かるのがあるので

いつになると使えるようになるのか予想は全くできません。



なので

泣く泣く

大学の課題を夜に回してもらいました。



いつも使っているのは軽いモバイルPCですが

上の子用にも用意する必要を感じました。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント