不動産投資家はマイホームを買った方がいいのか?

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050




今日の楽待新聞には

マイホームを買ってもいいかどうかについて

偶然、3人も記事をアップされています。



楽待さんは、時々

"お題”を与えることがあるので、それかと思ったのですが

そうではなくて全くの偶然のようです。



それに関しては

私は

デュアルライフ大家さんに分があると思います。


その記事はこちら

→ http://www.rakumachi.jp/news/archives/170630



先にマイホームを買って

住宅ローンが多額に残っているために

収益物件を買う際の融資が下りないというのは

普通にあることです。



デュアルライフ大家さんが言うように

マイホームを投資利回りで計算すると

あまりにも投資効率が悪いことが多いです。



例えば

私の自宅は

新築で4500万円くらいしました。



新築の利回りが6%だと計算し

家賃を弾き出すと

月に22万5千円です。



月に22万5千円も出せば

もっといいとこに住めますよ。



大阪なら

タワーマンションでも

その金額に収まるでしょう。



つまり

投資としては大失敗です。



如何に

採算度外視して

マイホームを買っているかです。



幸い私の場合

2年でローンを完済出来たので

収益物件を買う時に

共同担保に入れていますが。



それでも

そこに突っ込んだお金を温存しておれば

不動産投資をもっと有利に進めることが出来たはずなので



私が相談を受けたなら基本的に

マイホームを持つことに反対します。



それに

デュアルライフ大家さんが言うように

住む場所を自由に選べるのもマイホームがないからですし



それ以外には

家族のサイズって実は変化します。



うちの場合でも

子供が結婚して出ていけば

夫婦2人で4LDKは広過ぎです。



こんな時に

夫婦2人で2LDKくらいのちょうどいい間取りを探す方が

生涯の住居コストをトータルしても

そちらの方が得する場合が多いです。



但し

収益物件を見る目を養った後

投資としても成り立つような物件を

収益物件のローンよりも

有利な住宅ローンで借りておく。



そして

返済がある程度進んでから

別の物件に住居を移し

元の物件を賃貸に出す

いわゆる"やどかり投資”にするとか



充分に資産を築いた後で

マイホームを買うのなら

これはありだと思います。


◆編集後記◆



朝から米国の大統領選挙の開票速報を

ダラダラと見てしまいました。



どうやら

トランプ氏が勝利しそうですね。



その影響で

日経平均株価は大暴落で

一時1000円超の下落で

終値が16,251円



面白いのは

所得や学歴の高い人多く住んでいる地域は

クリントンが勝ち

そうでない層が多い州はトランプ氏が勝っているということです。



池上彰さんによると

元々民主指示の人で、クリントン氏には入れたくなくて

「まさか、トランプが大統領になることはないよね」

と、投票に行かなかった人が多かったのでは・・

って、エライことになってます。



日本にとっての影響を考えると

トランプ氏が大統領になれば

困ることがいっぱいです。



日本政府は

上手く対応していかないと大変なことになりかねません。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント