あなたの物件に住む人の属性を理解していますか?

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050






昨日は、面白そうな無料セミナーを見つけたので

受講してきました。



その名も

「本気で満室稼働を考える」
~賃貸不動産マーケティングセミナー~




基本的な考え方は

「賃貸不動産のリーシングは、ダイレクトマーケティングの追求である」

と、いうもので



データを取り分析することで

入居つけにつなげていくというものでした。



全体はこの記事の中では書けないのですが

今日と明日にまたがり

2点だけ重要なところを書いてみたいと思います。




まず

1点目ですが

あなたはご自分の物件の入居者の属性がどんなものか

理解していますか?



単身とかファミリーとか

大まかには理解できていても

細かなところまでは理解できていないと思います。



法人が全体の何%で個人が何%なのか?


男女比は、どうなのか?


年齢層は、年代別の割合はどうなのか?

例えば

20代、30代、40代、50代、60代以上で分けると

それぞれ何%なのか?



年収はどうなのか?

例えば

~500万円 、500万円~750万円、750万円~1000万円 、1000万円~で分けると

それぞれ何%なのか?



こういうデータベース化って

殆ど誰もやらないですよね。

実は、私もやっておらず

相変わらず、感覚で入居付けをやっています。




このように

属性をデータベース化して分析すると

あなたの物件をどんな人が選んだのかが

正確に分かるようになります。



すると

そういう属性にターゲットを絞った入居付けが出来ますよね。



ですが

ここまでの細かい情報は何で取ればいいのでしょうか?


入居が決まれば

契約書は大家が保管する場合が多いと思います。



しかし

契約書にここまでの細かい情報は載ってませんよね。



性別や年齢や法人か個人かは

契約書から読み取ることが出来ますが

年収は契約書に書いてないですよね。



実は、そういう情報が全部網羅されているものがあります。



それは

"入居申し込み書”です。



そこには

先ほど挙げた項目以外にも

・国籍

・入居人数

・引っ越し前の住所

・転居理由

・職業

・勤務先

・業種

・勤務先の資本金

・役職

・年収


これら細かい情報がいっぱいです。



契約書はキチンと保管しても

入居申し込み書は、大家の手元に来ない場合が多いですし

来ても、ろくに見ないことが多いかと思います。



しかし

物件の入居者の属性を正確につかむには

入居申し込み書をキチンと保管し

データベースにしてみる必要があるということです。



明日は

このセミナーの学びから

もう1つのことを記事にしたいと思います。



◆編集後記◆




MBS毎日放送製作の

"拝啓、民泊様”がついに先週の日曜深夜に始まりました。

(TBS系は、火曜の深夜)



今日は、第二回ということで

民泊用物件を買い初ゲストを向かい入れた

新井浩文と黒木メイサの夫婦がどうなるか楽しみです。



あと

民泊物件を詐欺的手法で売りつけるセミナー講師が

与沢翼さんを完璧にモデリングしているのには

笑ってしまいました。



そのことを知り合いに言ったら

"闇金ウシジマくん”にもニセ与沢翼が出ているんだそうです。



与沢さんはシンガポールに移住しましたが

メディアへの影響力はまだまだ強いですね。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント