特区民泊「6泊7日」から「2泊3日」に緩和 閣議決定

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050






民泊の日数制限を

現行の「6泊7日以上」から「2泊3日以上」に緩和する

国家戦略特別区域法施行令改正案を

本日、閣議決定したというニュースが

飛び込んできました。



まあ、前からそうなることは発表されていましたが・・・


"特区民泊”

旅館業法の規定を特定の地域に限り

緩和するということを受けて



東京都大田区や大阪府、大阪市が

条例で、取り決めて

旅館業法に求められる許可なしで

宿泊業が営めるという制度



これが現行「6泊7日以上」です。



しかし

民泊での実際の宿泊日数は

6泊7日以上は稀です。



そのため

殆どの業者は無届けで民泊をしているということに繋がっています。



これが2泊3日になれば

「それならば届け出しよう」となり

大手を振って

合法で民泊が加速することに繋がります。



但し

国家戦略特区法が改正されても

条例で、それより厳しく決めることは出来るので

そういう攻防はあるかと思われますし



集合住宅の場合

管理組合の規約に転貸借可とか民泊可が盛り込まれる必要があり

その辺りがちょっとしたハードルになりそうです。



今後は民泊新法が施行される見込みですが

これは年間180日以下の縛りがあり

事業として取り組むのは無理です。



となると

今後は

特区で届け出して民泊事業をやるのが

最もポピュラーは方法となってくるでしょうね。


◆編集後記◆




相棒で

杉下右京の行きつけの飲み屋 花の里の初代女将役

そして右京の元妻役の高樹沙耶が大麻所持で逮捕



そのせいで再放送まで画面差し替えが必要になったそうです。



本人は参議院選挙東京選挙区に立候補し

「医療用大麻」の全面解禁を訴えていたそうですから

かなりの常習性が疑えます。



確かに、

外国では、合法の地域もあるし

日本で合法な薬剤もかなり習慣性が高く

中毒になって止められないのもあり

強烈な発がん物質を含んでいるタバコは合法ですしね。



だからと言って

法律で禁止されていて、かつ体にも害があるものなら

やらない方が賢いと思いますが・・

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント