同じ物件を複数社が掲載している場合の業者の選び方

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050





楽待や健美家などのポータルサイトに

同一の物件を複数社が掲載していることがあります。

この場合

どの業者を選んだらいいのでしょうか?


私なら

その中に

以前、取引をして好印象だった業者

または

以前、問い合わせをしていて好印象な業者があれば

まず、そういう業者を優先します。



この辺りは

言ってみれば当然だと思います。



次の基準として

私なら

遠方の業者を除外します。



例えば

大阪の物件を、東京の業者が掲載しているような場合

机上の条件だけ見て

広告を出しているケースがあり

もし、そうなら

その業者は

物件のことを全然知りませんよね。



なので

地元民なら絶対に買わないような

立地でも

彼らはそんなことを知らないので

勧めてきたりします。



中には

調査が出来ておらず

3項但し書道路なのに

その事実を知らない場合もあります。



そうやって

遠方業者を除外したあと

私の

次の業者選択基準は

情報の詳細度です。



例えば

建蔽率と容積率は記載はあっても

間取りや用途地域や間取りが掲載されていない業者より

間取りや用途地域や間取りが掲載されている業者の方が

ちゃんと仕事をしてくれる印象はありますし



写真なしの業者より

写真をいっぱい載せていて

そのぞれの写真に

オススメポイントが記載されている業者の方が

しっかりしている印象があります。



まとめると

まずは、

以前に取引のあった

または、

以前に問い合わせをして好印象だった業者があれば

その業者を選ぶ



そういう業者がない場合は

物件からみて遠方の業者を除外し

残った業者の中から

情報が詳しい業者を選ぶのが

私の基準です。



あなたの参考になれば嬉しいです。


◆編集後記◆



俳優の平幹二朗さんが自宅の風呂場で死亡

自宅での死亡は

交通事故の死者より多いそうですから

怖いですね。



平さんの死亡原因は

ヒートショックだと言われています。



暖かい部屋の中では血圧が安定

しかし、寒い脱衣所で血圧が上昇

浴室も寒く、血圧が上昇

バスタブに入ると、今度は血圧が降下

このような血圧のアップダウンが

体に悪いようです。



我が家では、脱衣所は暖房していませんが

もう少し寒くなれば

浴室は、暖房を使うようにしています。



ちょっと臭いですが

まだ死にたくありませんので・・


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント