震度6弱の地震で思う地域分散投資の重要性

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050




昨日の昼2時過ぎに

スマホが

「ウイーン ウイーン 緊急地震速報です」

と、鳴り、ほどなく

グラグラっと結構長い間揺れていました。



鳥取県の地震で

大阪がここまで揺れるか?って思いました。



何でも

前回の南海トラフ地震の1年前に

鳥取で大地震があったとか?

怖いですね。



地震が起こる度に思うのは

「物件を特定の地域に集中されるのは怖い。」

と、いうことです。



私のスタンスとしては

日本中どこでも、いい物件があれば欲しいです。



しかし

その場合、融資が厳しくなります。



全国展開している都銀か

一部の地銀(金利が高いことで有名)

オリックス銀行、または公庫



この辺りしか選択肢がなくなります。



融資の難易度は

都銀>地銀>信金・信組>ノンバンク

ですので

都銀からジャンジャン引っ張って来れる高属性でないと

現実問題

日本中の物件に融資を出す都銀から引くことは出来ません。



私の場合

銀行から信用度の高いとされる

東証1部上場企業の幹部社員は辞めてしまったので

単なる中高年の投資家ということになります。



となると

メインは信金・信組

チャレンジして地銀辺りという感じだと思います。



なので

私の場合、残念ながら

住んでいる関西圏の物件しか買えないでしょう。



地域分散投資を実現できたら

地震リスクには強いです。



地震リスクのヘッジには

地震保険がアテにならない場合が多いです。



もし、あなたが都銀から融資を引っ張れる高属性の方なら

地震のリスクヘッジのために

地域分散投資をお勧めします。



◆編集後記◆




マサチューセッツ大学の調査によると

次期大統領について

クリントン氏もトランプ氏の指示せず

・オバマ氏の終身大統領就任

・国民のうち無作為抽出で大統領を決める

・地球が滅亡する

これら3つの選択肢を選んだ人が、80%を超えたという。



「地球が滅亡する」を選んだ人は20%超

「こんなクソ大統領を選ぶくらいなら地球が滅亡の方がマシ」

と、いうことか?



史上最高の嫌われ者対決と言われ

公開討論でも

政策の話はせず

スキャンダルを探し出してのなじりあい。



これじゃあ

アメリカ国民も、幻滅するのも無理はありません。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント