子育て世代の方が"所得金額メイキング”で考慮すべき3つのポイント

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050





子育て世代の方で

不動産投資をしている方も沢山いらっしゃいます。



そういう方々の場合

所得が増え過ぎてしまうと

困ったことになる場合があります。



まず

児童手当の問題です。



児童手当は

子育て世代で

扶養人数にもよるのですが

所得が一定額未満の世帯にお金をくれるというものです。



確か

中学卒業までの児童

1人につき、月1万円でしたか?



会社からの給料というのは

いわば個人がコントロールできるものではありません。



ですが

不動産所得ならコントロールできます。



もらえるかもらえないかの所得基準を

圧倒的に超えている場合は、無理だとしても

ギリギリで超えて

児童手当がもらえないのは悔しいですよね。



実は、私は不動産投資を始まる前に

児童手当の基準をわずかだけ超えて

アウトになったことがあります。



この時は

前年の所得の計算で

妻が産休前に働いていた給与が参入されたため

ギリギリでアウトでした。

メチャメチャ悔しかったです。



なので

可能なら

不動産所得を調整して

児童手当をもらえる所得金額にしましょう。



中学生までの児童が

2人なら24万円

3人なら36万円



それ以外に

児童の保険診療が無償になる所得も

児童手当の基準と同じ場合が多いので

これと合わせると

結構な金額になりますよね。



次に奨学金の支給基準です。



大学に進学を予定されているお子さんをお持ちなら

教育資金の調達って結構大変です。



こんな時

返済不要の奨学金がもらえれば

かなり有難いですよね。



返済不要は、かなり条件が難しいですが

無利子の奨学金や

低利の奨学金もあります。



それらを利用して

キャッシュを厚くしておくことは

不動産投資に有利に作用します。



ですが

これらの奨学金をもらうためには

所得の制限があります。



なので

不動産所得で調整出来るなら

やっておくといいです。



あと

私の地元の大阪府では

私立高校の無償化が実施されています。



これも所得が一定額を超えると

支給されません。



私立高校の授業料は

ざっと100万円弱



なので

これはめちゃめちゃ影響が大きいですよ。



ちなみに

私の場合

下の子は、今、私立高校2年生で

3年生の時に、授業料が有償か無償かは

前年である今年の所得次第です。



私は不動産所得で

この基準を超えるレベルではありません。



しかし

売却し

譲渡益が多額に発生して

軽く超えてしまいます。



すると

3年生の時の授業料は有償になってしまいます。



なので

何が何でも

今年に売却出来ないです。



現在

ある物件を売却で動いていますが

「決済は来年にして欲しい」

って言っています。




もし、来年に売却なら

長期譲渡で税率が下がることと

高校無償化

この2つの恩恵を、何が何でも受けるため

絶対に今年に決済する訳にはいきません。



◆編集後記◆




昼過ぎに衝撃のニュースが・・・



なんとラグビーの平尾誠二氏が死亡

確かに、前にテレビで見た時は、かなり痩せてたもんな



1963年のハヤイキ(1月から3月生まれで学年は、前年生まれの子と同じ)ですので

学年は、1960年5月生まれの私より2個下になります。

なので、まさに同世代です。



病名は何かまだ分からないですが

あのスポーツマンが50代で亡くなるとは

誰も想像できないですよね。

引退後、節制を怠ったようには見えないし・・・



このように同世代の人が亡くなると

他人事ではありません。

「自分もいつそうなってもおかしないぞ」

って思ってしまいます。

自分も健康に留意しなければと思います。



しかし

運も関係あると思います。



1回死にかけた以外は

死を連想するような状況が、まだ起こっていない私は

運があるのかも知れないです。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント