ペーパーカンパニーにケチがつく要素は極力省いた方がいいです

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050





節税や社会保険料削減のため

私のように資産管理法人を立ち上げる方も多いと思います。



実は、法人と個人の取引で

先日、疑問に思っていたことを

税理士資格のある人に相談してきました。



その疑問とは

法人の売り上げになる

資産管理報酬の受け取り方です。



一番、面倒のないのは

一旦、家賃を個人で受けて

そのうち、何%かを法人に振込み

それを法人の売上とするものです。



しかし

その後、法人から個人に給料を払うことになります。



となると

その履歴を社会保険事務所や税務署が見たら

どう思うでしょうか?



個人の口座も法人の口座も

同一の人の管理下にあって

その口座の間を資金が動いているだけになるので



「これって法人の実態ってないやん?」

こう思われるリスクがあります。



これを防ぐには

外部からの入金の実績を作ることです。




やり方は

家賃は法人で一旦受け

管理費を控除して個人に支払うというものです。



そうすると

管理会社という外部の企業から

法人に入金の実績が出来ます。



100%安全とは言えませんが

こうすると

リスクはかなり軽くなります。



そのためには

個人の資産を法人が一括で賃借し

そして、現在の入居者に賃貸する

いわゆるサブリースのような形態にする必要があります。



個人と法人の間は

管理委託(受託)契約の他

物件の賃貸借契約も締結する必要があります。



また

管理会社へは

賃貸人の変更と

振込先の変更を申し出ないといけません。



この辺りは面倒くさいですが

これも

節税や社会保険料削減のためです。




◆編集後記◆




ヤフーニュースを眺めていると

「オリックスの糸井がFAを決意した」

と、いうニュースが

元ネタは、スポーツニッポンですので

どれくらい信憑性があるか不明ですが・・・



その記事によると

在阪球団を希望で、阪神に移籍かオリックスに残留か?

と、書いていましたが

ちょっと前のサンスポには

「巨人も参戦」で「自宅は東京にある」

と、書いていたので

巨人が資金力に物を言わせて獲得する可能性もあります。



もし、阪神に来たら

35歳で盗塁王の脚力が期待できるし

福留との右中間の守備は鉄壁

外野にしっかりした選手が入ることで

新外人の出来次第では

福留をファーストにコンバートの可能性もあり

これも面白い。



契約更改の時に、

ハンコを持っていったつもりがリップクリームだったというような

天然キャラも人気になります。



ドラフトの行方の他

糸井の動向に注目したいと思います。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント