賃貸のサイトに掲載しても成約しない悲惨な間取りとは?

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.biz/report/blog2/


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050




昨日の賃貸住宅フェアの中で

SUUMO編集長による

「関西の賃貸の最近市況と入居者ニーズの最前線」

と、いうタイトルのセミナーがありました。


その中で

「間取りタイプ別の掲載/反響」

つまり

SUUMOに掲載されているのと

それに対しての反響との割合が

間取り別に表示されていました。



この場合

掲載より反響の方が多いと

決まりやすい間取り



掲載より反響の方が少ないと

決まりにくい

需要にそぐわない

余っている間取りということになります。



それを

・大阪市北区

・茨木市

・東大阪市

・岸和田市


以上の4つの地点で見ると



どの地域でも共通に

掲載より反響の方が少ない

つまり

大家さんにとっては

厳しい間取りがあります。



それは

1Kタイプです。



相続税の節税目的で

盛んに建てられているのが

1Kが中心となっています。



また

1Kや1ルームの方が利回りが出やすいです。



例えば

50平米のファミリーの家賃10万だとすると

半分の25平米の1Kの家賃は

半分の5万円かというとそうではありません。

大体、7万円とかになるはずです。



なので

相続税の節税目的で新築する場合

利回りをよくするには

1Kや1ルームを選ぶことが多いです。



需要があるかどうかは、この場合問題ではありません。

どうせ、悪名高きサブリースですので



そうなると

今後、取得するを目指すのなら

1Kや1ルームは、

好ましくない。

と、言う結論に達します。



実は、私の物件は

全て、1Kです。



なので

そういう掲載より反響の方が少ない状況でも

勝組に入っていけるように

頑張らないといけません。



◆編集後記◆




東野幸治がMCを務める

「ニュースライブ 正義のミカタ」で

「タイのプミポン国王死去」

って出てましたが

「死去」でいいんですか?



「細かいことが気になるんですね。僕の悪いクセ」



日本の国王である天皇陛下が亡くなったら

「崩御」

と、表現します。



関西ローカルの

「そこまで言って委員会」で

竹田恒泰氏が


ある皇族(確か昭和天皇の弟)が亡くなった時

多くの新聞は

「薨去」(こうきょ)と書いていたのに

ある新聞だけ

「死去」と書いていて

憤慨していたことを思い出します。



まあ、それはいいとして

凄く尊敬されたカリスマ国王だったそうですが

次期国王になる皇太子は、かなり評判は悪いですね。



3度の離婚や愛人問題

3度目の奥さんが元ストリッパーで

王室のパーティーで

その皇太子と元ストリッパーの奥さんが裸になり

写真が流出とか・・・



しかしタイの法律では

王族の悪口を言うと罪に問われるそうです。

日本人でよかったです。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント