家賃の金額設定で使えるウラ技

私の作った不動産投資の無料レポート集はこちら
→ http://yokoshin.xsrv.jp/LP1/?page_id=149


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050






あなたが既に物件をお持ちの場合

空室の募集の際に

家賃をどう設定すればいいのか

悩まれた経験があるのではないかと思います。


まず1つ目に考慮すべきことは

数字が表す心理的な意味です。



例えば

・家賃3万8千円 共益費4千円


・家賃3万7千円 共益費5千円




この2つは合計額では全く同じですが

何か、下の方が安く感じませんか?



実は、

「奇数には数を小さく見せる心的効果がある」

と、いうことが研究で分かってきたそうです。



なので

当然、下の金額の方が

入居が付きやすいという結果になります。




この場合は

家賃本体を1千円下げてます。



こうすることで

マイソクにも

堂々と3万7千円と打ち出すことが出来ますし



賃貸の検索エンジン対策にも

有効になる場合が多いです。



何故なら

共益費込みの金額で検索をかけるサイトと

家賃の本体だけで検索をかけるサイトがあり

後者の場合は

家賃本体を下げることで

より引っかかりやすくなるからです。



他には

家賃本体を下げていることで

広告費もセコく浮かすことが出来ます。



例えば

広告費が家賃本体の2か月なら

上の値段なら7万6千円

下の値段なら7万4千円



僅か2千円なので本当にセコイのですが・・・



このように

募集しようとする家賃の

家賃本体と共益費の内訳を工夫するだけで

有利になることが多いので

あなたの参考にしていただけたらと思います。


◆編集後記◆



「腎臓結石は小さいものならジェットコースターに乗って排出できるかもしれない」

こう考えたアメリカの学者がこの説の検証実験を実施したそうです。



きっかけは

ある男性が、フロリダのディズニーワールドのビッグサンダーマウンテンに乗車で

腎臓結石が3個、排出したという証言です。



実験の結果は

70%近い確率で結石が出ることを確認したそうです。

まさか、そんな高確率でって感じですよね。



ならば、腎臓結石に病院は要らないですね。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント