不動産投資するには、どの学部出身が有利なのか?


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050






昨日の記事で

滞納絡みの法手続きについて書きましたが

実は、それらの手続き(調停、少額訴訟、債権執行)は、法律の専門家に頼らず

全て私がやったものです。



なので、大した金額にはなりませんでしたが

これを弁護士に頼んでいたら

多額の費用が発生したでしょうね。

多額の費用が発生した割に回収できないとなると、マジで最悪です。



それらを自分でできたのも

私が法学部出身だったからだと思います。



そこで

今日は、

不動産投資するには、どの学部の出身だと有利かということを

考えてみます。



有利なのは

工学系の建築や土木の学科

これは言わずもがな、だと思います。



他には

経営、商学系の会計や税務

これも言わずもがなですよね。



他に

経営、商学系のセールスやマーケティングなど。



これは結局、

不動産投資をビジネスとして捉えるのなら

どうやってお客様からお金をもらうかが

1番重要になってくるからです。



それ以外に

法学系



昨日の記事に書いたように

私のように、法学をかじった経験があれば

法的な手続きも調べながら出来ることが多いからです。



また、条文を読むことに慣れているので

そのことは

様々な面で有利に働いてくるでしょう。



他には

経済学の視点で市場や金利動向などを

読むこともあろうかと思うので

経済学部出身も有利です。



他には

服飾やインテリアなどの知識を得ることが出来る

学科や専門学校も有利に働きます。



こうやって考えていくと

有利じゃない方を探す方が難しい感じです。



実際に

不動産と全然関係のない

有利にならないものの例を挙げると


・文学や哲学などの人文科学


・機械工学や情報工学などの特定の分野の工学系の学科


・生物学・物理学などの自然科学



・医学


くらいしか思い浮かびません。



なので

裏を返すと

不動産投資には色んな分野の知識が必要で

その中で自分が得意な部分で勝負していけばいい、ということです。



そして

それらの広い分野を大家さん1人で全部カバーすることは無理で

カバー出来ない分野は

その道の専門家にアウトソースすればいい、ということです。




◆編集後記◆




イチローが所属するマーリンズの

ホセ・フェルナンデス投手がボート事故で急死。



私は、メジャーリーグは詳しくないのですが

24歳の若きエースと書いてあったので

勿体ないですね。



こういう現役バリバリの選手が事故死したニュースとしては

私が印象に残っているのが

F1のアイルトン・セナのレース中の事故死と

ボクシングのフライ級チャンピオンだった大場政夫選手の首都高での事故死です。



大場政夫選手以後、ボクシング界には

強い選手が何人も出ています。

具志堅用高さんや長谷川穂積の全盛期や、今なら山中などでしょう。



しかし

私の記憶では、彼らより大場政夫選手の方が強かったです。



何しろ、ほぼ全試合KO勝ち、

防御の方法でクリンチというのがあり

試合が止まってしまうので結構、興ざめしてしまうのですが

大場政夫選手はクリンチもほぼなし。



全て打ち合いでボコボコにどつきまわしして

10カウントを聞いて勝つのがカッコよかったです。



私の生まれる前からボクシングを見てきた、私の父親も

「大場が歴代で最強」と言っていましたので

これは間違いないかと思います。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント