裁判で支払命令が出ても、これじゃ意味ない


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050





楽待コラムニストの弁護士大家さんが

先月末に書いたコラムで

「夜逃げした賃借人から金を取り戻しやすくなる?」

と、いうのがありました。

→ http://www.rakumachi.jp/news/archives/158825




実際に滞納の末、夜逃げされて

法律の力で解決しようとした私ですが

現在の法制度は

損害を受けた側を保護しない非常識なものとなっています。



普通は

滞納後、

簡易裁判所に民事調停を申請し、そこで話し合い

お互いの主張を出し合って調停員が折り合いをつけてくれることになります。



しかし

私の場合

債務者(借主の連帯保証人)が出頭してきませんでした。



そうなった場合

どうにもならないので

少額訴訟という手段を使いました。



しかし

調停にも出頭しない債務者ならで

裁判にも来ない可能性が高いと思っていたら

案の定でした。



すると

債務者が弁解の権利を放棄したことになるので

こちらの主張が全て通り

全面勝訴となりました。



しかし

これは何もめでたくはありません。



調停にも来ない

訴訟にも来ないような債務者なら

支払い命令を受けても

絶対に支払わないからです。



なので

債権執行しました。



債権執行とは

第三者が債務者に対して所有している債権を指し押さえます。



普通は、

給与債権か預金債権です。



私の場合

契約書の連帯保証人の欄に書かれていた勤め先に対して

手続きしました。



その結果

過去の勤務歴があるものの

現在は雇用関係にない。



ガックリです。



その後

銀行が所有する預金債権を差し押さえに掛かる訳ですが

これが最悪で

銀行と支店名まで特定しないといけません。



私の場合だと

債務者の近くだと怪しいのは

りそな銀行のS支店

三菱東京UFJのD支店

大阪シティー信金のS支店とD南支店

あとはゆうちょ銀行です。



債権全体の金額を

可能性のありそうな支店すべてに対して

執行することは出来ません。



例えば

全体で債権50万円あるのなら

1支店あたり10万円づつとかに分割しないといけません。



すると

債務者が、もし、りそなのS支店のみ預金を持っている場合は

他の4支店から

「債権を有していません」

と、いう回答が来ます。



なので

りそなのS支店に50万円以上の残高があった場合でも

10万円しか回収出来ません。



その後

「よし、りそなのS支店やな、残りの40万は、そこから回収するか?」

と、思っても手続きしている間に

別の支店の口座に移されたらアウトです。



なので

1つの銀行の1つの支店に決め打ちで

全額債権執行手続きするしかありません。



こうなると

こちらは被害者の方で全然悪くないのに

金も払わないでコソコソしているヤツが

法的に保護されているようにしか見えません。



先ほど支店まで特定しないといけないと書きましたが

実は、ゆうちょ銀行は特殊になります。



支店という概念ではなく

例えば

大阪事務センターという

地域でくくっています。

なので

もし、債務者が、ゆうちょ銀行をメイン口座にしていて

そこに十分な残高があれば、回収できます。



つまり

他の銀行のように支店まで特定の必要は実質的にない。

と、いうことです。



弁護士大家さんのコラムには

「近い将来(数年後)は裁判所が銀行に債務者の口座を開示するよう命令できるようになりそうです。」

と、書かれています。



手続き上は、どういうものかよく分かりません。



それにより、債権者がどれくらい有利になるのか特定できませんが

せいぜい

どこの支店に口座があるか開示される程度だと思います。



だとすると

多少しかマシにならないないのかな、と思います。



多少はマシになるものの

まだまだ悪者が法的に守まれる状況は変わらないと思います。



但し

払うべきお金を払わない悪者はもっと不利になるべきという方向性ですから

将来は、いい方向にいくかも知れません。




◆編集後記◆



米国立研究機関の科学者などからなる研究チームは

過去にたばこを吸っていた人の遺伝子には喫煙歴を示す痕跡が残り、

一部は30年経っても消えないとの調査結果を発表したそうです。



ということは

喫煙歴があっても止めれば元に戻るのではなく

ほぼ一生、特定の病気に掛かりやすいということですね。

なので、一生に一度も吸わないのが1番賢いです。



実は、ここ数年、中学と高校の同窓会がありましたが

同い年なのに見た目年齢にかなり差があります。



観察していると

その差をもたらしているのが喫煙です。



同窓会でタバコを吸っているヤツは

歯が抜けていたり髪の毛がかなり薄くなっていたり

シワが目立ったりでした。



不動産を借りても

喫煙者はクロスの全貼り替えは店子持ちですし

命も短い傾向があります。



なにしろ

強烈な発がん物質が入っているのを分かっていて

吸っている訳です。



私は喫煙する人の思考が全く理解できません。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント