物件を買える人との買えない人の差はこれ


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050






いくら勉強しても物件を買えない人がいます。

本を何十冊も読んだ

セミナーにもいっぱい参加し

情報商材もいっぱい買った。

しかし、買えない。



その理由は何でしょうか?



私は、その理由はこれではないかと思います。



それは

「多額の借金に対するメンタルブロック」です。



収益物件を買う場合

多くは融資を引くことになります。



その額が

本人が今まで生きてきて

一度も見たことのないような金額のことが多いです。



位を右から

「イチ、ジュウ、ヒャク、セン、万、十万、100万、1000万・・・」

このように数えていかないと金額の位が読めません。



また、長期にわたって

返済義務がある負債を抱えることになります。



日本の場合

まだまだ、

「借金は悪」

と、いう概念が根強く残っています。



「そういう負債を長期にわたって返済していくのは

自分に堪えることが出来るだろうか?」


と、いう疑念が浮かんできます。



そうなってくると

少々のいい物件を見つけたところで

細かいデメリットに着目してしまいます。



何しろ

勉強はいっぱいしているので

細かいデメリットを見る目はバッチリです。



その結果

「やっぱり止めた」

と、なってしまい

結局

何年経っても買えません。



では

このパターンに陥り買けないことを

打破するには、どのようにしたらいいでしょうか?



それは

既に借金している人が多くいて

その人たちが、平気な顔して暮らしている

そんな環境に身をおくことです。



人間は他人との比較で物を考える傾向があるので

自分の何倍、何十倍もの借金をしている人と交流すれば

「数百万円くらいの借金なんて、どうってことないよね」

と、思えるようになり

メンタルブロックが外れ

物件を買えるようになります。




◆編集後記◆




昨日は黄金伝説(テレ朝系)が18年の歴史にピリオドを打ちました。



もう18年もやってるか?

って感じですが

確かに、うちの子が幼児の頃、よく見ていて

浜口を「タコの兄ちゃん」とか「取ったぞ~のにいちゃん」

って呼んでいました。



ココリコの田中は昨日の最終回で

「この番組はバラエティーと思っていましたが、

そうではなくドキュメンタリーだったことに今日気づきました。」

確かに

ファミレスの全メニュー食べつくしや、1か月1万円生活などは、そんな様相を呈していましたね。



最近は、ろくに見ないのにこんなことを言うのもなんですが

うちの子の成長と共にあった番組が終わるのは

ちょっと寂しくなりますね。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント