出張費に合法的に日当が付けれる!法人のメリット


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050







あなたが会社にお勤めなら

出張した際に

電車賃、バス代などの実費の他に

日当というのがあることをご存知だと思います。



例えば

私がいた会社では

12時から1時までの間に出張中の場合は

700円の日当



片道150キロ以上の遠方への出張の場合

2200円の日当



宿泊が1泊で7000円の日当



更に

朝6時より前に自宅を出れば、日当が1.5倍



夜11時以降に自宅につけば、日当が1.5倍



なので

片道150キロ以上の遠方へ一泊で行き

1日目は朝6時より前に自宅を出て、2日目は夜11時以降に自宅についた場合

7000円+3300円+3300円=13600円



もちろん

宿泊が無料ではできませんが

7000円より安ければ安いほど

その差額分、得してしまうということになります。



日当を使って

食事もしますが

普通に食べる場合は

やはり余ってくるということになります。



こういうことが出来るのが

法人のメリットの1つとして挙げられます。



これが個人ではそうはいかないです。



個人の場合

プライベートのサイフも

個人の事業のサイフも現金の出入りは

会計帳簿に記載する必要があります。



なので

個人の場合が

日当とつけたとしても

日当と出費はリンクしないので

現実に日当をつけるのは至難の技です。



しかし

法人なら

出張旅費規程をしっかり決めて

それがあまりにも社会通念上おかしくない限り

その規定に基づく出費は経費と認められます。



なので

法人を作ったなら

まず、出張旅費規程を作って下さい。



◆編集後記◆




長谷川穂積が昨日のWBC世界Sバンタム級タイトル戦で勝ち

3階級制覇を達成



私はライブでは見ていませんが

今朝になってから

長谷川穂積の友人で元プロボクサーのトミーズ雅がMCをする番組で

長谷川本人がゲストで

ダイジェストで見ました。



クリーンで得点を積み重ねるボクシングより

殴り合いをみたい私としては

まさにノーガードの殴り合いを見て興奮しました。



手数は相手の方が上回っている気がしましたが

殴られても殴り続ける長谷川の気力に

チャンピオンも

「なんじゃコイツ」

と、いう感じだったのかも知れません。



長谷川は35歳で

最初の階級では、それはそれは強いチャンピオンでしたが

王座陥落後、何度も負けていて

誰もがもう引退という感じでしたが

不死鳥のように蘇ってくる様に感動しました。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント