開業届だけではなかった!法人設立後、税務署に提出する物とは?


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050






昨日は、年金事務所の他に

税務署にも行って開業届を提出してきました。



しかし

税務署に提出するのは開業届の他の物もあります。



羅列すると

・開業届(法人設立報告書)

・登記事項証明書(コピー)

・定款(コピー)

・株主名簿

・青色申告の承認申請書

・給与支払事務所等の開設届出書

・源泉所得税の納付の特例に関する申請書




これだけ必要になります。



登記事項証明書の原本は法務局でもらいます。

これを国、都道府県、市区町村と

最低3か所の税金納付期間ごとに必要となります。



また、年金事務所は原本ですので

法務局で原本をもらったら

年金事務所に行く前に

コピーしておくといいです。



そうしないと

また法務局にもらいに行かないといけませんから



定款のコピーは

法務局に提出した

ハンコが多数押印されたもののコピーでなくてもいいです。

定款の元原稿を印刷してホッチキス留めしたもので構いません。



個人の場合は

必ずしも給料が発生するものではないため

・給与支払事務所等の開設届出書

・源泉所得税の納付の特例に関する申請書


の2つは不要の場合もありますが



法人で給料の支払いがないことは考えられませんので

当然のように必要になります。



但し

・源泉所得税の納付の特例に関する申請書

に関しては

納期の特例を受けず

毎月納付する予定であれば

提出の必要はありません。



しかし

元々不動産投資家が法人を作る場合は

法人なり、もしくは

資産管理会社の設立だと思うので

まず、間違いなく、特例が適用除外になることはありません。


なので

事務工数削減のために

提出しておく方が絶対に得です。



◆編集後記◆



北朝鮮でマグニチュード(M)5.3の揺れがあり

北朝鮮がまた核実験をやったと言われています。



これが核実験なら

過去最大規模の模様です。



相変わらず懲りない国ですね。



金正恩は10代で海外留学の経験もあります。

だとすると

自国を外から見て

兄の金正男氏のように

客観的な見方も出来ると思うのですが・・・



側近を処刑することも

相変わらず継続していますし

これって絶対王政時の恐怖政治となんら変わりません。



この懲りない国と独裁者を

国連が何とかしてくれないですかね?


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント