不動産投資初心者が、まず最初にすべき勉強とは?


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050





あなたが

これから物件を所有しようとしている

不動産投資の初心者なら

どんなところから勉強していけばいいでしょうか?



成功した投資家の本を読むのもいいですが

私がもし初心者なら、「ここから始める」というものがあります。



それは

不動産投資の専門用語を覚えることです。



例えば

・利回りって何?

・CFって何?

・CCR(ROI)って何?

・イールドギャップって何?

・返済比率って何?





・共担って何?

・旗竿地って何?

・任売って何?





・RCって何?

・S造って何?





・フリーレントって何?

・ADって何?




まだまだありますが

特に

キャッシュフローのことをCFと呼ぶように

アルファベットで言うのって

その世界にいない方にとってはまるで

別の国の言葉です。




それ以外に

共同担保を共担

任意売却を任売



このように短縮していうのも

業界によくあることですよね。



こういう用語を先に覚えると

成功者が書いた本も理解が早いですし

大家の会などの会合に行っても

新鮮な情報をキャッチできることになるので

まず

用語を覚えることに注力してみてください。



そのネタはこんな所にあります。

→ http://www.zennichi.net/m/guide/yougo.asp

→ http://mailzou.com/get.php?R=81581&M=27727




◆編集後記◆




司法試験の合格発表があり

私の母校、神戸大学の法科大学院が合格者数で9位 合格率で7位



神戸大学は旧帝大ではなく

それらより1段低く見られる訳ですが

旧帝大で、負けたのは合格者数では東大と京大と阪大だけ

合格率は阪大を上回り東大と京大だけという

かなりの健闘ぶりです。



しかし、よく考えてみると合格率は32.3%なので

3人に2人は不合格になるということです。

厳しいですね。



実は、今年の6月に、ゼミの先生が古希を迎えたので

ゼミ生でお祝いすることになり

ついでに現職の教授の案内で

キャンパス内を見学することが出来ました。



すると

土曜日だったのにも関わらず

法科大学院の生徒さんが何人も

一心不乱に勉強する姿が見られました。



大学はレジャーセンターと言われていますが

彼らに限っては

コンパや恋愛などの楽しいことを犠牲にして

勉強に打ち込んでいる場合が殆どです。



それで3人に2人は不合格って悲しいですよね。

そういう人達が幸せになれるといいのですが・・・


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント