住宅ローンが何故悪い借金なのか?


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050







「収益不動産を買うための借金が怖い。

しかし

住宅ローンは怖くない。」


こう思っている方って結構多いです。

日本人の殆どがそう思っているのではないかと思います。



かくいう私も

自宅は住宅ローンを組んで買いました。



木造で2000年築(新築)

総額4500万円くらいでした。



あれから16年経ち

現在の資産価値を考えると

建物は殆ど償却し、ほぼ価値なし。



残るは土地ですが

ざっと1000万円程度です。



私は、20年ローンで、頭金をかなり入れて買い

ボーナスは全額貯金し繰り上げ返済していき

父親が翌々年に亡くなった時に

遺産で繰り上げ返済して完済しましたが



総額4500万円に利息も加えると

かなりのお金を払っています。

にも関わらず

現在の資産価値は、1000万円と少ししかない、ということになります。



これはかなり損した印象ですよね。



しかも

驚くべきことに

設備がそろそろ買い替えないといけないタイミングに来ています。


お金が掛かるんですね。



私の場合

2年で完済したのでまだいいですが

35年で借りている人なら

悲惨ですよね。



恐らく残債の方が、現在の資産価値より高いです。

完全に債務超過ですよね。



私の自宅の場合

戸建てですので

一応、土地は残ります。



しかし

区分を買っている場合は、

土地の持ち分は、かなり小さく

登記上の土地の所有権ではなく

敷地権となります。



なので

「ローンを払っていって少しづつ自分の物になっていっている」

と、いう感覚も幻想に過ぎないということです。



これって怖いですよね。



なので

私がもう1度、若い時代に戻れるなら

多分、自宅は買いません。賃貸にします。

もし、買うとしても、間違いなく中古ですね。



その方が結果的にトータルコストは、安いと思うからです。

また、その方が

収益物件を買う時に融資が通りやすくなります。



このように考えると

住宅ローンって

収益で返済する(入居者が代わりに返済してくれる)ことも出来ませんし

無駄に長期のため、債務超過になりやすいですし

いいところは何もないと思うのですが・・・



◆編集後記◆




午後からは、新手の投資のセミナーに参加してきました。



結論から言えば

全然、分からなかったです。



但し

これで何もせずに、月にうん百万円稼いでいる人がいるそうです。



なので

かなり、迷いますが、今のところは見送ろうかと思います。

「理解できない物に投資をするのは怖いですから」



講師からは、「3回聞かないと理解できない」

と、言われていて、なので

また聞きに行ってもいいかなと考えています。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント