不動産投資ってそんなに儲かるものではありません、その理由は・・


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050






会社員の副業として

不動産投資は最適だと思います。



物件を管理会社に任せ

会計や税務は税理士や公認会計士に任し

頼めばリフォームしてくれる業者もいくらでもあります。



そういう風に

自分の時間を一切使わず

全てをアウトソーシング出来るということが

会社に長期間拘束される会社員に最適なところです。




ですが

そんなに儲かるものではありません。



満室想定の表面利回りで10%前後

そこに空室により収益性が悪化し

入居付けには広告費もかかります。

また

びっくりする程高額な税金を年がら年じゅう納めているイメージです。



私は

不動産投資がそんなに儲かならのには

理由があると思います。



その理由は

特別な能力が必要なくても

誰でも成功出来るのが不動産投資だからです。



そんな誰でもできるものに

めちゃめちゃ儲かるものなんてないでしょ。



めちゃめちゃ儲かるビジネスというのは

特殊な才能や能力、また類まれな強運

それに度胸などを

持ち合わせている人しか成功出来ないビジネスだから

めちゃめちゃ儲かるということが言えると思いませんか?



全てはトレードオフです。



・誰でも成功出来る、しかし、それほど儲からない

・成功出来る人が限られる、しかし、めちゃめちゃ儲かる




この2つしかありません。



なので

我々のような普通の人間が

成功出来るのが不動産投資であり

その代わりめちゃめちゃ儲かることはない、ということです。




◆編集後記◆




NHK受信料を巡り、さいたま地裁が昨日

「携帯電話のワンセグ放送だけでは受信契約を結ぶ義務はない」と、判断したようです。



なのでテレビを見ることだけを前提にした今の制度って

そろそろ時代遅れになっているような気がします。



私の個人的な考えは

公共放送といいながら

さして公共性が高い番組ばかり作っている訳でもない。



まだ、報道はまだ公共性は高いですが

(まあ、その意味では民法の報道も公共性が高いのですが)

ドラマやバラエティーなんか、どこに公共性があるのか?



なので

国営放送にしてしまい

政府広報や政見放送や国会中継だけ流したら如何かと思います。



しかし

国営放送を持っている国って

北朝鮮や中国などの軍国主義的な国のイメージが強いので

それなら解散でもいいのではないかと思います。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント