法人の設立日を1日ずらすだけで税金が安くなる


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050





今日も、昨日に引き続き法人化業務をやっております。



その中で

「法人の設立日を1日ずらすだけで税金が安くなる」

方法があるみたいですので、ご紹介します。


詳しくはここに載っています。

→ http://inqup.com/registration-of-company



私は

当初は、9月1日に法務局に行く予定だったのですが

9月1日に法務局に行って登記するのと

9月2日に法務局に行って登記するのでは

法人住民税が変わってくるということなので

2日に行くことに決めました。



ちなみに

法人の設立日は法人登記の日となります。




法人の住民税には

所得に税率を乗じた分所得割部分と

所得がマイナスでも納税しなければならない

"均等割”というものがあります。



いわゆる"ショバ代”みたいなものです。



これが年間で7万円



この計算は月割り計算で

端数は切り捨てになります。



なので

9月1日から8月31日の事業年度なら12か月まるまるで7万円

9月2日から8月31日の事業年度なら11か月となり6万4100円



まあ、その差はたった6000円ほどなので

大した金額ではないですが

設立日を1日ずらしただけで6000円節税になり

そして

設立日を1日ずらしたところで、事業に殆ど影響がないのなら

そうした方が得かと思います。



例え

6000円でも無駄なお金は払うの勿体ないですから



◆編集後記◆




有吉弘行と夏目三久が熱愛交際&妊娠という報道の裏で

両人の所属事務所は、「事実無根」と全否定



夏目三久と言えば、実は、大阪出身というのは、広く知られている訳ではありません。



関西のテレビ局でMBS毎日放送(TBS系列)というのがあります。



そのMBSの昼のオビ番組で「ちちんぷいぷい」というのがあり

木曜コメンテーターでトランポリンの元五輪選手の広田遥と小学校の同級生



小学校の時、国語の本読みの時は、先生が

「夏目、本読みの見本たのむわ」

体育の時間は

「広田、見本たのむわ」

と、いう状態だったそうです。



夏目三久には関西の臭いが全くしないのですが

吉本新喜劇を見て育ったのは間違いありません。

だから

芸人を選んだのかな?

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント