何故、色を勉強することが大事なのか?


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050






私は、6月に色彩検定の3級を受験し

無事合格しました。



色の勉強をしようと思ったのは

空室対策に活かすためです。



クロスなどの内装で

他の物件と差別化したいという気持ちがありました。



確かに

内装の色使いで

入居者を呼び込むのは大事なことだと思いますが

色と言うと

もっと大きな金額が動き

一度やれば、10年くらいは、変えれないものってありますよね。



そうです。

外壁塗装です。




外壁塗装の場合

塗料の材質が同じなら

どの色を使っても

ほぼ同じコストです。



例えば

「グレイの方がベージュより高い」

なんてことはありません。



まあ、塗り分けになると

多少、手間賃がアップする程度です。



と、いっても

そのアップ額も全体から見れば微々たる金額です。



なので

「外壁はコストアップなく魅せる1つの手段である」

と、いうことです。



なのに

「無難にベージュ」とか

「元の色と同じで」とかというのは

勿体ないと思いませんか?



その色を上手く使うためには

色のことを予め勉強することです。



私の場合

残念ながら

色を学ぶ前に

外壁塗装を余儀なくされたので

若干失敗してしまいましたが・・・



勉強の仕方については

私は

やみくもに勉強するより

体型的に学べ、合格という目標も意識出来る

色彩検定の受験を選んだ、ということです。



外壁塗装を控えている方は

色彩の勉強をしてみるのは

如何でしょうか?




◆編集後記◆




リオ五輪 卓球男子団体戦は

決勝で中国に敗れ銀メダルが確定



よくやったと言う気持ちと同時に

ダブルスの3セット目を取れていれば

もしかして勝っていたかもと思ってしまいます。



それにしても

レスリングの日本の女子は強いですね。

私が寝ている間に、2個も金メダル

起きて、15分で1個の金を獲得



こういう方を奥様にすると

夫婦ゲンカはボロ負けでしょうね。



旦那さんになる方は

ケンカになったら逃げるようにしましょう。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント