退去後1か月以内に2室とも入居決定


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050





7月中旬に1室

下旬に1室

合計2室の退去の出た九州2号物件は

そのどちらもが1年以内の短期解約



なので

違約金が2か月もらえる契約になっています。


うち、7月の中旬に空いた部屋の違約金は

7月に精算されていました。



残り、7月下旬に空いた部屋の違約金に関しては

てっきり今月の精算と思っていたら

精算されていないので

管理会社にメールで問い合わせしておきました。



お盆休みなどで

数日待った後

今日の朝に、返事があり

「来月の精算になります。」



恐らく管理会社のミスだと思うのですが

来月

確実に払ってもらえるなら問題ありません。



メールという文章で残っているので

もしもの時のエビデンスもあるので

こちらとしては、特に要求はしませんでした。



管理会社からの返信メールの中で

「なお、お部屋に関しては満室になりました。」



はやっ!



まだ1か月経ってないやん

それに2室共って



この管理会社は

入居を決まっても、ことさら騒ぎ立てず

さらっと、そのことを知らせてくれます。



年始から3月にかけても

この物件で4室空いたのですが

「遅くなり申し訳ございません」

と、いう件名でメールが届いたので



「流石に4室となると苦戦しているのかなぁ?」

と、思ってメールを開くと

「遅くなりましたが、4室入居が決定しました。」




この管理会社は

知り合いの不動産投資家さん兼アフィリエイターの方に

紹介してもらったのですが



・空室は速攻で埋める

・修繕は、なるべく部分補修で済ませ、かつ工事代金も激安




といういいことづくめです。



管理会社として

第一に重視すべき点は入居付け能力です。



なので

入居付け能力が素晴らしいのなら

多少、修繕費が高くついても

その管理会社を評価できるのかも知れません。



ですが

この会社のように

入居付け能力が素晴らしい上に

修繕費も安いと来れば

管理会社としては最高ですね。



◆編集後記◆




リオ五輪、男子卓球の団体戦準決勝をリアルタイムで見ようとしましたが

試合開始1時間前の2時に堪え切れず寝てしまいました。



結果は見事勝利で、これで銀メダル以上が確定

ドイツは格上、エース水谷はドイツのナンバー2のボル選手を苦手としている。



ボルと言えば、元世界ランキング1位で

卓球が盛んで

世界から名選手が集まるブンデスリーガがあるドイツで英雄とされる人物

この五輪でもドイツ選手団の騎手を務めたドイツで最も有名なスポーツ選手です。



しかし

もう35歳で、個人戦では、早い回で負けただけに

水谷が当たれば勝つと予想していましたが

その通りになりました。



明後日の決勝戦は中国と早朝7:30から

この時間なら、ちょっと早起きするだけなので

リアルタイムで見ようと思います。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント