銀行から評価される会社員とは?


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050




融資において

会社員が有利なのは、言うまでもありません。




しかし

会社員にも

銀行に好まれる人と嫌われる人がいます。



一般的に

年収が高い方が、低いより好まれます。



そりゃそうですよね。

不動産投資が、たとえ失敗に終わっても

給料で補てん出来る可能性が高いですから。



では、

年収は高ければ高いほどいいのか?



実は、そうとは言い切れません。



雇用が安定していて安い給料の方が

雇用が安定していない高額収入より評価されます。

公務員が評価されるのはそういう理由です。



日系企業と外資系企業を比べると

一般的に外資系企業の方が

年収が高いことが多いですが

ドラスティックなリストラがあることから

日系企業の従業員の方が有利なことが多いです。



あと

勤続年数って実は重要です。



何度も転職を繰り返す人は

敬遠される傾向がありますし

勤続3年未満の人は

それだけで融資不適格にする銀行も多いです。



銀行は

過去3年の年収の平均で見ることが多く

途中で会社名が変わっていたり

同じ会社であっても

年度により著しく開きがあり安定していないのは

避ける傾向があります。




会社員をやりながら

不動産を増やしていきたいのなら

会社員としてのステージややりがいだけでなく

これらのことも、よく考えて

属性作りに励むようにしてください。




◆編集後記◆




夏の高校野球の予選会も進み

かなりの地域で代表が決定し

私の地元の大阪では、今日が準々決勝でした。



プロを目指す選手なら

甲子園に出るのと地方予選で負けるのでは大違いです。



スカウトの日本全国に割り振る訳ですが

全試合は見れないです。



一方、甲子園組は

スカウトは全試合をチェックするので

今までマークしていた選手以外でも

チャンスありです。



また、期間中に評価を上げて

ノーマークからプロ入りする選手もいるので

甲子園が正念場になります。



今年は

どんな選手が出て、プロ入りを果たすのは

楽しみです。



但し

去年ほどの豊作ではないとの前評判ですがね。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント