融資を引いている金融機関からのイベントへのお誘い


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050




ついさっき

融資を引いている金融機関の副支店長から電話がありました。

「年金はどうしてはりますか?」



唐突な入り方でしたが

よく聞くと、その支店で明後日の日曜日に年金相談会があり

それに参加して欲しい。ということでした。



私の場合は

年金の額が分からず困っている訳ではありません。



なので

参加した所で、相談することがありません。



それに、その日は、家族全員で家の片付けをする予定になっていました。



しかし

二つ返事でOKしました。



銀行員のノルマってガチガチです。



年金相談会を開催したのに

相談者が集まらなかったら・・・



そういう細かなことが

出世に響く訳です。



今までも

・定期預金してください

・クレジットカード作ってください。


など

色んな要求がありました。


面白いのは

「定期はすぐ解約してもらっても構いません」

「クレジットはいらんなと思ったら解約してください」

って

「それじゃ意味ないやん!」

って思うのですが

取りあえず、ノルマさえ達成できたらそれでいいということでしょうね。



なので

物件を持ち込んだ時に

いい条件の融資を承認してもらうために



そして

現在の借入している分も条件を有利に見直してもらえるように


今回も

「私が出来ることなら協力させてもらいますよ」

と、いうことです。



金融機関からのこういうお誘いや要求には

出来る限り、受けるようにすることをオススメします。



◆編集後記◆




脳腫瘍で闘病中だったゴスペラーズの北山陽一さんが無事復帰



脳腫瘍の場合は、まず出来た場所

次に医者の腕で予後が変わってきます。



先日もTBS系列のスーパードクターという特番で

あの福島高徳ドクターの手術に密着していましたが

細かい神経を

「ここ○○神経です。ここを切っちゃ、命がありません」

などと言いながら

脳腫瘍を根こそぎ取り除くという神業



普通の医者で「手術は無理」

と、言われた患者さんのうち

特に重篤な患者さんを選んで手術するというから

凄いです。



「1年365日休みなしです。

ゴルフの誘いもありますが、1ラウンドする間に

2人から3人の命を助けられるじゃないですか?」

って



外科手術に付き物の

袖の下の一切断るそうですから

まさに医者の鑑ですね。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント