不動産投資家の属性は、この4パターン:単純化すると見えてきます


こんにちは、
不動産でセミリタイヤ 横田紳一です。


メルマガでは無料レポートには書けないような

秘匿性の高い情報をお届けしています。

今後、私のメルマガを読みたいという方は

こちらのメルマガ登録フォームに、

普段お使いになっているメールアドレスをご登録するようにお願いします。


https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=191050





私は、不動産投資家の属性には

この4パターンあり

それによって、攻め方が違うと考えています。



そのパターンとは

・大企業の社員や公務員のように銀行に評価される信用がある人、ない人



・資金のある人、ない人



ここでいう「資金がある」は

少額物件ならキャッシュで買える資金量で

大体2000万円から3000万円以上ということにしたいと思います。



なので

この2つの条件を当てはめて考えると

4つのパターンで考えることが出来ます。



・パターン1

 信用もあり、資金もある人

・パターン2

 信用があるが、資金がない人

・パターン3

 信用がないが、資金がある人

・パターン4

 信用もなく、資金もない人




一番有利なのは

パターン1であることは言うまでもありません。



このパターンの方は

資金を見せ金に大型物件をフルローンに近い融資を引くことで

資金を温存しながら

一気にキャッシュフローを稼ぎ出すことが出来ます。



なので

ビビッて、その資金で

少額物件を買って、手持ち資金を減らすのは

非常に勿体ないです。



実は、これ私の失敗談です。



最初に1680万円のアパートをキャッシュで買ってしまったために

その後の拡大スピードが落ちました。

なので

信用も資金もある方は

私の轍を踏まないようにすることをオススメします。



次に

信用はあるが資金がないパターン2の人ですが

信用はあるので

何行か当たる間に

有利な融資を引ける銀行が見つかる可能性があります。



しかし

諸経費すら賄える資金がないとすると

ほぼ買えないので

銀行の開拓と同時に、僅かづつでも資金つくりが必要になってきます。




次に

信用がないが、資金があるパターン3の人ですが

この場合は

融資は非常に厳しいです。



なので

キャッシュで小型物件を買い

不動産投資家としての実績を作ることに専念します。



すると

今度は信用がついてきます。



それほど容易いことはありませんが

まだ頑張り様があります。



次に

信用もなく、資金もないパターン4ですが

申し訳ないですが

原状のままでは不動産投資は厳しいと思います。



それでも不動産投資したいのなら

信用をつけるか

資金をためるかで

パターン2やパターン3へ移ってから

投資を始めるといいです。



現実には

こんな単純に4つのパターンには分かれないのですが

不動産投資をどこから始めるかで

迷っている方も多いので

物事を単純化して考えてみました。



◆編集後記◆




2016上半期タレントCM起用社数ランキングが発表され

女性部門でマツコ・デラックスが1位



女性?



というか

男性部門、女性部門に分ける必要はあるのか?



それにしても

嵐は凄いですね。

男性部門こんな感じです。


1位 12社 相葉雅紀(嵐)

2位 11社 櫻井翔(嵐)、錦織圭、二宮和也(嵐)

3位 10社 松本潤(嵐)

4位 9社 大野智(嵐)、松岡修造

5位 8社 西島秀俊、松重豊

6位 7社 阿部寛、小栗旬、五郎丸歩、菅田将暉、DAIGO、玉木宏、妻夫木聡、向井理



この中で松重豊さんは存在感があります。

元々は悪役キャラでCMには縁遠かったのですが・・・


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント